他社との取引や契約

2019年11月14日

下請業者に対する対応で法的に注意すること|納品の時間指定や注文のキャンセル事例をもとに解説【弁護士Q&A】

発注している立場であること背景に下請業者に対して理不尽な要求をしたりすることは下請法違反に問われる可能性があります。 この記事では、納品物の受取時間の指定や、元請業者の都合で注文を途中でキャンセルするといったケースを題材に、どのような問題が生じうるのかを「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 下請業者からの納品物の受け取り時間は設定・変更できるのか
  2. 突然注文キャンセルしたら問題あるのか

下請業者からの納品物の受け取り時間は設定・変更できるのか

下請業者から納品される物を受け取るとき、受け取り時間を設定・変更することは問題があるのでしょうか。

下請業者からの納品物の受け取り時間設定について


下請業者からの納品物の受け取り時間設定について
下請業者との取引について受領時に受け取り時間を設定することは問題になるか、ご教示いただきたくご質問があります。

1.弊社は就業時間が8:30~17:15となっています。その時に納品の受け取り時間を16:00までに下請業者にお願いをすることは、受領拒否等に違反する恐れはありますでしょうか?
 
2.また受け取り時間を設定する場合、お互いに協議をし合意したうえであれば問題ありませんでしょうか?


岡田 晃朝弁護士
> 1.弊社は就業時間が8:30~17:15となっています。その時に納品の受け取り時間を16:00まで
> 下請業者にお願いをすることは受領拒否等に違反する恐れはありますでしょうか?
>

何らかの特殊事情で嫌がらせのようにしない限り(例えば、納品が必ず16時を超える事情があると知りながら、嫌がらせでするような場合を除いて)、常識的な限度ですし、不当な不利益とまでは言えないと思います。

>  
>
> 2.また受け取り時間を設定する場合、お互いに協議をし合意したうえであれば
> 問題ありませんでしょうか?

これは問題ないでしょう。

▶ 企業法務に強い弁護士を探す

突然注文キャンセルしたら問題あるのか

では、元請業者の都合で突然注文を取り消す場合、どのような問題があるのでしょうか。

下請業者に注文数を変更することについて。


下請業者に注文数を変更することについて。
親事業者Aより下請業者Bに組立作業の注文をしました。注文数は10個になります。

下請業者Bの組立作業が8個まで完了した際に残りの2個に親事業者Aの責による問題が判明しました。
そこで上記の件について2点ほどご相談があります。

1.作業が完了している8個については親事業者Aに納品してもらい8個については検収をする。残りの2個については注文取消しをする。
残りの2個を取消しする際に下請法上、問題になることはありますでしょうか?

2.もし、残り2個を取消すことで下請業者Bに費用が発生した場合は、一度残り2個の注文を取り消した後に発生する費用を、別途下請業者Bに支払いすることは下請法上、問題になることはありますでしょうか?


鐘ケ江 啓司弁護士
下請法で考えられるのは、次の2つの条文です。

(親事業者の遵守事項)
第4条親事業者は、下請事業者に対し製造委託等をした場合は、次の各号(役務提供委託をした場合にあっては、第1号及び第4号を除く。)に掲げる行為をしてはならない。
一下請事業者の責に帰すべき理由がないのに、下請事業者の給付の受領を拒むこと。

2 四下請事業者の責めに帰すべき理由がないのに、下請事業者の給付の内容を変更させ、又は下請事業者の給付を受領した後に(役務提供委託の場合は、下請事業者がその萎託を受けた役務の提供をした後に)給付をやり直させること。

但し、前者は既に製品が完成している段階の条項ですので、後者が問題になります。

長澤哲也『優越的地位濫用規制と下請法の解説と分析(第3版)』(商事法務,2018年3月)136頁
【発注の全部または一部を取り消す行為も受領拒否に該当する。もっとも、相手方が委託された製造等の業務を完了するまでの時点でキャンセルをしたり納期を延期したりすることは、受領拒否ではなく、取引条件の変更(または下請法が禁止する給付内容の変更)の問題として取り扱われ、受託業務完了後納品までの間のキャンセル等が受領拒否の問題として取り扱われる】


https://www.jftc.go.jp/houdou/panfu.html
下請法講習会テキストの82頁からすれば、変更による費用負担をすれば問題ないでしょう。

▶ 企業法務に強い弁護士を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す

他社との取引や契約に関する法律相談

  • グループ会社の規程の確認

    情報システム及びセキュリティに関する規程を子会社では持たず、子会社から親会社のグループ規程を参照することは、問題ないでしょうか 個人情報に関する規程は作る予定です

    2弁護士回答
  • 本部長名での契約締結における押印種類について。

    権限のある本部長名で契約を締結する場合の捺印について以下お教えください。 (役職者印はありませんし、作る予定もありません。) 1.代表者印(実印)での押印は有効ですか? 2.社印...

    2弁護士回答
  • 法人が別の法人を名乗ることは違法でしょうか?

    会社法、その他法律について質問をさせて下さい。 一般的に、法人ではない個人、団体が法人を名乗ることは会社法で規制されていると お聞きします。 それでは、とある法人が別の企業を名乗...

    1弁護士回答
  • 店舗を売却する際の調査に対する機密事項の開示について

    ・当方、飲食店を経営する株式会社を営んでおります。 ・展開する店舗のうち一部業態(3店舗)を他の会社に売却することを考えております。 〇 銀行経由で興味のある会社が現れたのですが...

    1弁護士回答
  • 利用規約解約に関して 付随する覚書の解約通知

    他社サービスを利用するにあたり、弊社クライアントの利用規約に同意し申込をしています。 また別途、利用規約を修正する覚書・利用規約に関連するサービスの覚書の締結もしてあります。 こ...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

他社との取引や契約の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...