1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 「企業法務」の法律ガイド

「企業法務」の法律ガイド

「企業法務」に関する基本的な知識の解説や、トラブルに遭った際の対処法をまとめました。

57件の記事が見つかりました 1 - 50件

すでに商標が登録されていてもサービスの分野が異なれば同じ商標を登録することはできるのか【弁護士Q&A】

商標登録しようと考えていた名称がすでに他の商標として登録されていた場合、商品やサービスの分野、サービスを展開しようと考えている地域などが異な...

【人事労務担当者向け】障害者の雇用義務に関するルールを解説

従業員の数が46人を超えている場合、会社は障害者を雇用する義務があります。必要な人数を雇用しなかったり、行政から雇用を求められたのに対応しなか...

貸株サービスを利用することはインサイダー取引になるのか【弁護士Q&A】

インサイダー取引とは、どのような場合に該当するのでしょうか。証券会社に株を貸す「貸株」サービスを利用することがインサイダー取引になるのでしょ...

従業員がうつ病や適応障害になったとき会社が対応しなければならないこと

従業員がうつ病や適応障害などの精神的な病気になった場合、会社には適切に対応する義務があります。従業員の病気が悪化する可能性があることを会社が...

【人事労務】従業員から生理休暇を申請された場合に知っておくべきポイント|休暇の日数や給与について解説

女性の従業員が、生理の症状が重く働くことが難しいという理由で休みを希望した場合、会社は「生理休暇」を与えなければなりません。この記事では、生...

下請業者に対する対応で法的に注意すること|納品の時間指定や注文のキャンセル事例をもとに解説【弁護士Q&A】

発注している立場であること背景に下請業者に対して理不尽な要求をしたりすることは下請法違反に問われる可能性があります。この記事では、納品物の受...

会社が第三者割当増資をするときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が特定の人に株式を発行して資金を調達するとき(第三者割当増資)、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。意思決定をするときに必要な...

企業が秘密保持契約(NDA)を結ぶときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が取引をする際、相手方が取引をする上で知った顧客情報などを第三者に漏らしたりしないよう、秘密保持契約(NDA)を結ぶことが一般的です。この記...

【人事労務担当者向け】内定取消しが認められる基準|取消しに関する判例や裁判例を紹介

求人に応募した人に対し、内定を通知した場合、まだ勤務していないからといって、内定を自由に取り消すことはできません。裁判で内定取り消しが無効だ...

【人事労務担当者向け】従業員に退職を勧めるときの注意点と違法な退職勧奨の具体例

働き続けてもらうことが難しい従業員がいる場合に、従業員に自主的な退職という選択肢を提示する方法があります。退職勧奨といいます。任意の退職を促...

企業に顧問弁護士がいるメリットとは|依頼する際の注意点も解説【弁護士Q&A】

弁護士と顧問契約を結ぶことは会社にとってどんなメリットがあるのでしょうか。また、顧問契約を結ぶときに気をつけることはなんでしょうか。「みんな...

「定年65歳未満」の企業がしなければならないことと定年退職した従業員を再雇用するときの注意点

就業規則などで定年を65歳未満にしている場合、企業は、(1)定年を引き上げる、(2)定年を廃止する、(3)定年後も働くことを希望する従業員を引き続...

【人事労務担当者向け】固定時間で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

代表取締役や会長を解職・解任できるのか【弁護士Q&A】

社内でパワハラ行為などを繰り返す会長を辞めさせるにはどうすればよいのでしょうか。また、代表取締役を辞めさせることができるのは、どのようなケー...

【人事労務担当者向け】年俸制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

年俸制は年間の給与が決まっているので、残業代は発生しないと考えるかもしれません。この記事では、年俸制で働く従業員から残業代を請求された場合に...

【人事労務担当者向け】リストラ(整理解雇)の要件と注意するポイント

会社の業績悪化や経営不振などの理由で従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。人員整理のためにおこなわれる整理...

任天堂vsコロプラ『白猫プロジェクト』 訴訟記録に名作ゲーム続々、ライバル企業も熱視線

コロプラが配信するゲームアプリ『白猫プロジェクト』で2月19日公開の新バージョンから、「訴訟に関わる対応」として一部操作方法が変更になりました。...

部下を休ませるため「管理職」が仕事を肩代わり 「歪んだ」働き方改革にしないためには?

時間外労働の上限規制が、4月から中小企業に適用されることになり、規模を問わず、ほぼすべての企業が、「働き方改革」とは無縁でいられなくなった。法...

善意の「アルコール消毒酒」が転売ヤーの餌食に 国税庁「繰り返せば酒税法違反」、監視強化へ

新型コロナウイルスの感染拡大で、品薄になっている手指消毒剤に使ってもらおうと、日本各地の酒造メーカーが善意で高濃度の「アルコール消毒酒」を製...

取締役の責任とその範囲とは【弁護士Q&A】

取締役が会社に損害を与えた場合、どのような責任を負うことになるのでしょうか。また、取締役としての地位にいても、実質的には何ら取締役としての権...

「特定商取引法に基づく表記」はどのような場合に表示しなければならないのか【弁護士Q&A】

「特定商取引法に基づく表記」はどのような場合に表示しなければならないのでしょうか。相手方と金銭のやり取りが生じないような場合や、SNSのプロフィ...

従業員が仕事中の事故により死亡した場合の対応方法

従業員が仕事中の事故で亡くなった場合、会社は「労働者死傷病報告書」を労働基準監督署に提出し、労災保険の給付を申請します。この記事では、労働者...

【人事労務担当者向け】フレックスタイム制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

【人事労務担当者向け】管理監督者として働いている従業員から残業代を請求された場合に確認するポイント|名ばかり管理職にあたるケースも解説

課長やマネージャーといった役職名で「管理監督者」として勤務している従業員でも、深夜に残業した場合や、「名ばかり管理職」にあたる場合は、残業代...

【人事労務担当者向け】試用期間中の従業員を解雇するための条件と注意するポイント

試用期間中の従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏めばよいのでしょうか。この記事では、試用期間中の従業員を解雇するための条件や、解雇...

従業員が独立するときに引き抜きや顧客情報の持ち出し…競業避止義務で防げる?【弁護士Q&A】

従業員が独立の際に、他の従業員を引き抜いたり、顧客情報を持ち出したりしようとしたとき、防ぐ方法はあるのでしょうか。独立する従業員に損害賠償を...

景品表示法に違反する行為とは|スタンプラリーの景品や「ポイント10倍でお得」という広告をサンプルに解説【弁護士Q&A】

景品表示法が禁止する景品や表示にはどのようなケースがあてはまるのでしょうか。スタンプラリーで特産品を提供することや、「今ならポイント10倍でお...

【人事労務担当者向け】「変形労働時間制」の仕組みと残業代を請求された場合に確認するポイント

「変形労働時間制」で働く従業員から未払いの残業代を請求された場合、変形労働時間制の仕組みや残業代が発生するケースを理解した上で、「支払う必要...

【人事労務担当者向け】ケガや病気で働けない従業員を休職明けに解雇する条件と注意点

ケガや病気で休んでいる従業員について、やむをえず休職期間が終わるタイミングで解雇したいと考えた場合、どのようなプロセスを踏めばよいのでしょう...

【人事労務】業務外の病気やケガを理由に従業員から休暇を求められた場合の対応|傷病手当金の手続きも解説

業務以外が原因の病気やケガを理由に、従業員が休暇を求めてきた場合でも、休ませなければならない決まりはありません。会社独自のルールとして、休職...

発注ミスを理由に元請けが一方的に減額…下請法違反ではないのか?【弁護士Q&A】

下請け業者が依頼された作業を終えた後で、元請け業者の発注書のミスを理由に発注金額を減額することは認められるのでしょうか。また、元請業者が発注...

【人事労務】産休・育休の対象になる従業員や期間などを詳しく解説

女性従業員が妊娠した場合、会社は、必ず産休(産前休業・産後休業)を与えなければなりません。子どもが生まれた後は、従業員が希望する場合は、母親...

株主が死亡したとき会社は誰を株主総会に呼べばよいのか|相続人が見つからない場合の対処法【弁護士Q&A】

株主が死亡して、その相続人を名乗る人が現れた場合、会社はどうやってその人が株式を相続したことを確認すればよいのでしょうか。また、誰も相続人が...

【人事労務】介護休業・介護休暇の対象になる従業員や申請された場合の手続きなどを解説

従業員が家族の介護をしなければならないとき、会社は、介護休業や介護休暇を与えなければならない場合があります。介護休業・介護休暇を申請・利用し...

弁護士資格を持たない業務委託の法務部員に契約書作成を依頼することや行政書士に契約書の審査を依頼することは非弁行為になるのか【弁護士Q&A】

弁護士資格を持たない業務委託契約の法務部員に契約書の作成を依頼することは非弁行為にあたるのでしょうか。また、行政書士に、契約書の作成ではなく...

従業員が逮捕された場合の対処法 | 出勤できない期間の取り扱いや有罪判決が確定した場合の対応を詳しく解説

従業員が逮捕された場合、いつ出勤できるようになるのか、会社の評判はどうなるのか不安に思う人もいるでしょう。会社の対応としては、休職や解雇を命...

【人事労務担当者向け】外部の労働組合・ユニオンから団体交渉を求められた場合の対処法

会社の従業員が外部の労働組合・ユニオンに加入している場合、その労働組合・ユニオンが従業員の労働条件などについて交渉を求めてくることがあります...

【弁護士Q&A】株主総会を開催するときの注意点とは|役員同士が険悪なときに役員報酬を変えたいケースなどをもとに解説

「株主が二人だけ、持ち分は50:50」「役員同士が険悪だけど、役員報酬を変更したい」。こうした場合、株主総会をするうえでどのような点に注意すれば...

従業員を解雇できるケースとは…業務妨害を予告、無断欠勤を繰り返す従業員のケースをもとに解説【弁護士Q&A】

業務を妨害することを予告したり、職場の人間関係を理由に無断欠勤を繰り返したりする従業員を解雇することはできるのでしょうか。また、解雇した理由...

【人事労務担当者向け】歩合制の従業員から未払いの賃金や残業代を請求されたときに確認するポイント

歩合制で働いている従業員から未払い賃金や残業代を請求された場合、「適切な保障給が支払われていたか」「従業員が主張するように残業が生じているの...

【人事労務担当者向け】従業員に有給休暇を付与する条件や消化に関するルールを詳しく解説

会社は、一定期間以上働く従業員に対して有給休暇を与えることが法律で義務付けられています。与えないと罰則を科せられる可能性があります。有給休暇...

他社ブランドの衣服をリメイクしてプロモーションビデオに利用することは著作権侵害になるのか?【弁護士Q&A】

自社製品のプロモーションビデオや広告をつくるとき、他社ブランドの衣類やリメイクした他社製品をモデル着用させることは、著作権や商標権の侵害にな...

従業員が犯罪行為をしたとき逮捕段階で懲戒解雇にすることはできるか【弁護士Q&A】

従業員を懲戒解雇処分にできるのは、どのような事情がある場合なのでしょうか。飲酒運転、ストーカー行為、職場内での窃盗行為などは懲戒解雇の理由に...

【人事労務担当者向け】裁量労働制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

司法試験テキストの著作権侵害を公表 オンライン予備校「資格スクエア」

資格試験のオンライン予備校を運営するサイトビジットは8月31日、同社のオンライン学習サービス「資格スクエア」の司法試験予備試験講座などで配布した...

【人事労務担当者向け】事業場外みなし労働時間制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

弁護士が事業承継のアドバイス 東京弁護士会、簡易診断サービスを開始 

東京弁護士会(東弁)は7月15日から、都内の中小企業や個人事業主を対象に、事業承継の課題について弁護士がアドバイスする「事業承継 簡易診断」を開...

その「開拓者精神」が日本を変えた 覚悟と挑戦の半世紀 久保利弁護士ロングインタビュー

日本企業変革のスーパーバイザー、司法制度改革・一人一票実現国民会議の旗手、コーポレート・ガバナンスの第一人者ーその異名の数が彼の偉業の数々を...

熱狂の時代を駆け抜けた労働弁護士 髙井伸夫氏ロングインタビュー

1960年代、労働争議や大学紛争が熱気を帯びていた高度経済成長期。その争いのただ中へ、体を張って飛び込んでいく弁護士がいた。弁護士・髙井伸夫氏は...

歴史に名を刻んだ国際派弁護士の見る「夢」 川村明弁護士ロングインタビュー

2010年、日本人としてはもちろん、東アジアから初めての国際法曹協会(IBA)会長が誕生した。就任したのはアンダーソン・毛利・友常法律事務所の川村明...

企業法務に関する法律相談

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士を扱う弁護士を探す