機密漏えい相当するか?どのような対応が可能か?

元従業員は、在職中にある機械設計を担当しており、クライアントとやり取りをしていました。当然会社として受注しており、元従業員はその弊社の窓口となって交渉も行っていました。この設計における機構をクライアントと共同で特許出願していました。その出願後約一ヶ月後に退社しました。会社としては、この出願について一切知らされることなく、処理されていました。そして2年後偶然にも出願公開れされていることを知りました。この内容は、我々がクライアントにおさめた機構そのものでした。そのような場合、そのような対処方法があるか、教えてください。
当然就業規則にも業務上で知りえた情報を漏洩してはいけない、漏洩した場合懲戒処分対応になることは記載しています。
例えば、元従業員の退職時には、この漏洩違反が判らず退職金を支給していたが、本来退職時に違反しており、この情報をしっていたならば当然懲戒解雇処分相当にあたいするため、支給した退職金程度の賠償を請求できますか?
その他に背信行為として刑事告発できるでしょうか?
どのような対応が可能か?教えてください。
2012年03月12日 16時32分

みんなの回答

近藤 公人
近藤 公人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県3 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
情報に対する処罰は、一般の刑法でありません。公務員など特別な団体でしたらあります。
 但し、情報が記載されている紙を持ち出した場合には、窃盗となります。

 次に、民事事件ですが、就業規則に、退職後も漏洩しないという条項があるのでしょうか。
 なくても、損害賠償を請求はできると思います。退職金の没収は無理でしょう。損害は、実損害となります。

2012年03月13日 09時36分

相談者
ご回答ありがとうございます。もう一つ確認したいことがあります。先生のアドバイスでは、情報を記載した紙を持ち出した場合、窃盗に値するとのことですが、会社が管理している図面等電子データを無断でコピーし、第三者等に開示した場合、または開示しなくても同じく窃盗に値するのでしょうか?

2012年03月13日 09時47分

近藤 公人
近藤 公人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県3 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
会社が管理している図面等電子データを無断で紙媒体でコピーし,それを会社の外に持ち出したら、窃盗に該当します。自らのメモリで持ち出した場合だと、一般の刑法だと困難だと思います。

2012年03月13日 10時40分

相談者
度々ご回答ありがとうございます。最後にもう少しお知恵を拝借させてください。
1.メモリー等にコピーし、そのデータを印刷した段階では窃盗となりますか?
2.元従業員に対して警告の意味で何か先に予防策として、こちらサイドからアクションできる行動はありますか?ただし、データを持ち出したか、どうかは現段階ではわかりませんが、”データコピーし、かつそのデータを印刷した場合、窃盗で告訴させていただきます”
みたいな内容を送りつけることは問題ないでしょうか?

2012年03月13日 15時17分

近藤 公人
近藤 公人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県3 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1.メモリー等にコピーし、そのデータを印刷した段階では窃盗となりますか?
  → 印刷した場所がどこかです。価値のある紙の窃盗というのが現在の判断です。会社であれば、窃盗ですが、他の場所で印刷したら、困難でしょう。


2.元従業員に対して警告の意味で何か先に予防策として、こちらサイドからアクションできる行動はありますか?ただし、データを持ち出したか、どうかは現段階ではわかりませんが、”データコピーし、かつそのデータを印刷した場合、窃盗で告訴させていただきます”
 → 損害賠償の告知は、良いかも知れませんが、刑事告訴は控えた方がよいでしょう。  データ持ち出しは、違法であること、これを利用した場合、第三者に渡した場合は、損害賠償ができることくらいではないでしょうか

2012年03月13日 17時39分

この投稿は、2012年03月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 他人の就業規則違反の密告はプライバシーの侵害になりますか?

    他人が就業規則に違反(例えば、副業禁止規定)していることを勤務先に密告することは、プライバシーの侵害に該当するでしょうか。また、事情は私企業と公務員とで異なるものでしょうか。 また、上記のケースで相手が勤務先から処分を受けた時に、人に言えない副業(風俗嬢)をしていたことで退職せざるを得なくなった場合、損害賠償を請...

  • 退職後の競業避止の効果

    以前も投稿させてもらい、就業規則(就業規則にはサインなどしていません)にも記載してる通り退職時に機密保持及び競業避止に関する合意書にサインするよう求められましたが、拒否しました。 内容証明郵便で以下の内容が来ました。 【警告書】 貴殿はすでに当社を本年3月20日付けで退職する意思を示して有給休暇に入っておられますが...

  • 外注先からの再業務委託について

    以下の内容についてご質問いたします。 現在、とある制作会社に正社員として所属しており、とある作業を外注先に業務委託しました。 ところが、クライアントからの諸条件が、当初自社内で説明されていた内容と異なり、作業量が大分増えてしまう事が判明しました。 納期は変わらないので、外注先に多少の追加コストを支払って対応...

  • 就業規則を確認する場合

    会社からのパワハラにより現在休職をしています。この間地方自治体の労働センターで労働相談をしていますが、「弁護士の方に相談する場合は会社の就業規則を確認したほうがいい」とのアドバイスをもらいました。会社に労働組合がありますのでそちらに就業規則の送付を依頼する予定です。そこで先生方に質問をさせていただきます。 ①就...

  • 競業の範囲になりますでしょうか?

    今年の春にソフトウェア開発販売保守をしている会社を退職しました。 在職時は、ソフトウェア導入時の操作説明や導入後の保守を行っており、 役職もついておりました。 引き止められたくなかったこと、正々堂々とやりたいということから、 独立したいという理由を伝え退職し、 それに伴って退職日前に誓約書にサインしました。 現...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。