仮処分申請について詳しく教えてください

公開日: 相談日:2014年11月21日
  • 1弁護士
  • 1回答

仮処分申請について詳しく教えてください

私が知りたいのは、映画 ミンボーの女 のなかで
暴力団のターゲットとなったホテルが、暴力団から街宣活動やいたずら電話による業務妨害を受けた際に
対抗手段として、弁護士が
その暴力団に対して
「ホテルに対する街宣活動やいたずら電話、ホテル関係者への接触を禁じる」
という仮処分申請のしたような、
「ある相手のある行動を制限したり、やめさせたり、逆にそれらをやめさせるために、とある行動を要求する」
という仮処分申請の仕方です。


自分でネットで調べたのですが、
検索結果のほとんどが、金銭関係のもの、
いわゆる、金を貸した相手が財産を隠さないように口座の金を押さえておく、
という仮処分申請のことばかりでした。

まあこれらも、
「ある相手のある行動を制限したり、やめさせたり、逆にそれらをやめさせるためにある行動を要求する」
には違いないですが、金銭関係に特化しているのであまり参考になりませんでした。

仮処分申請の仕方、できれば、提出すべき書面の雛形や添付する証拠品の例などの具体例のあるサイトなどを教えていただけると嬉しいです。

300125さんの相談

回答タイムライン

  • 山岸 陽平 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    このような仮処分は,民事保全というカテゴリーに含まれます。

    申請の仕方と言っても,申立ての趣旨,申立ての理由を書き,その根拠となる証拠書面をつけて提出するという点では,他の民事保全手続と同様です。

    しかし,人の行動というのは,誰の,どのような行動なのか,その原因は何なのか,千差万別ですので,何かにあてはめたり,名前だけ変えて出せばよいというものではありません。

    また,人の行動の自由を制約するという意味で,「債務者」(仮処分の対象者)の権利をかなりの程度害しますので,裁判所での審理は非常に慎重・厳格になされる傾向があります。
    そこで,この類型では,「債権者」(仮処分を求める者)と「債務者」の双方を呼び出して,裁判官による審尋(面接)が行われるのが通常です。

    そうしたときに,どこかの書式のとおりそのまま出しても,実態を反映しておらず,「債務者」の反論が功を奏するということがあれば,仮処分の発令に至らないおそれが高くなります。

    よって,ほとんどの弁護士も,この類型に関わるときは,手続の流れや法の規定は踏まえますが,どこかの雛形をほぼそのまま借用して出すということはしないと思います。そのようなやり方では,通るものも通らなくなり,失敗のもとだからです。また,「債権者」の陳述書にかなり力を入れ,裁判官に被害実態をより克明に捉えてもらう努力をするでしょう。

    私は,これに関して,自分で申し立てるというところまで本当に考えるのであれば,ネットでいろいろ調べるよりも,たとえば,新しくて比較的易しい本で言えば「ガイドブック民事保全の実務(創耕舎)」とか,専門的で詳しい本であれば「民事保全の実務(きんざい)」とか,書籍を探す方が有用なのではないかなと思います。

この投稿は、2014年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「業務妨害」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから