会社経営者の特別背任行為について

当社のオーナーが当社社長(雇われ)と共謀してオーナーの子会社に膨大な外注費で派遣費を支払っています。当社監査役もオーナーの友人です。子会社は派遣会社登録などはしておらず違法派遣と思われます
オーナーは当社の役員で子会社(有限会社)の役員も兼任しています。子会社社長はオーナーの身内で役員は身内である子会社社長とオーナーの2名です。オーナーは子会社の前社長で発起人です。当社と子会社は連結決算ではありません。オーナーと社長、会社株で当社のほぼすべての株式を保有しています。当社の株主の1名と取締役1名と私(管理職兼組合役員)で特別背任行為での告訴を検討しております。
子会社との取引は金額は外注費で計上されていますが税務関係の書類にも記載済みです。
社長とオーナーの告訴は基本可能でしょうか。
2015年02月18日 00時38分

みんなの回答

早川 拓郎
早川 拓郎 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
子会社への支払いが明らかに過大であったり、必要性のないものである場合等には、役員であるオーナーには、特別背任罪が成立しえます。しかし、オーナー側は、子会社への支払いが必要なものであると主張するでしょうから、告訴したとしても、起訴されるかは分かりません。

2015年02月18日 02時55分

相談者
早々の回答ありがとうございます
追加文です人材派遣は実際に行われていますが1人あたり日当で作業員本人が受け取る額面の3倍ほどの料金を支払っています。
作業員は常時4名ほどで月15日ほどの8時間勤務です。

2015年02月18日 14時17分

相談者
また派遣されている方は全員、所得税のみ支払いで派遣会社での社会保険加入などは一切ないそうです。

2015年02月19日 13時17分

この投稿は、2015年02月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 失踪した子会社社長を特別背任罪で訴える場合

    お世話になります。親会社役員をしております。 子会社の代表取締役が突然失踪しました。 引き継ぎなどは一切せず、本人が独断で決済した多額の未払い発注書が残りました。現在それらの案件は裁判にまで発展しています。 子会社従業員を通じていくつか業務について連絡を取りかわすことはできましたが、未だ会計ソフトや会社の個人メ...

  • オーナーが社員を訴えれますか?

    ある会社の社員ですが、この会社はオーナーがいて雇われ社長がいる会社です。 会社に迷惑を掛けた場合、オーナーが直接社員を訴える事はありますか?

  • 背任罪などの有無について。

    下記の3つの会社の関係から、私が背任罪に問われる可能性があるかご教授願います。 現在、ある非上場の会社①で取締役に就いております。 会社①が顧客から注文を受けた物を別会社②に発注を行います。 会社②は商社的な役割をしており、その注文を会社③に行います。 会社③は指定された物を会社②を経由して会社①に納品します。 ...

  • このような差押え、仮差押えは可能ですか?

    とある会社のその周辺の関係図を記します。 矢印は金の流れです。 B社→A社(直接取引の関係、BがAに仕事を発注し、完了したらB社がA社に報酬を支払う) C社→A社(直接取引の関係、BがAに仕事を発注し、完了したらB社がA社に報酬を支払う) つまり、B社と立場を同じにする他の取引仲間が他にもいる、という意味。 D社→仲介会...

  • 業務委託契約外の業務責任を問われた場合、委託元へ慰謝料・損害賠償請求できるか

    業務委託契約外の業務責任を問われて困っています。 私はA社の社員でしたが海外での勤務を希望し、A社が出資し実質支配している海外現地法人B社での勤務となりました。 私はA社と業務委託契約を結びました。業務内容・業務範囲は「システム開発業務、営業事務ならびに左記に関連する業務に関するコンサルティングならびに業務の実施...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。