特別背任と損害賠償

特別背任罪で訴えられた代表取締役の、民事についての損害賠償は、会社に請求することは可能ですか?

すでに自分で設立した建設会社Aの代表取締役であったMが、別の建設会社Bの取締役になりました。
(この時点ですでに競業避止違反です) 数年後、休眠状態であった会社Aを復活させ、会社Bから顧客を2件引っ張っていきました。
会社Bの社長がこの事実を知り、会社Aから2件の顧客を取り戻したうえで、Mを特別背任罪で訴えることともに、施工方法の違いから生まれる工事原価の変化で利益が減った分を損害賠償請求しようとしています。
さらに、今回の件について会社Bの社員を情報収集に利用したため、会社Bは通常の営業活動ができず、その分を逸失利益として損害賠償請求することを並行してやっています。

この流れの中で、Mは会社Aの代表取締役を退任することになりそうですが、会社Bの社長は、会社Aを何としてでも潰そうと考えています。
会社Aでは、社長を交代させてでもなんとか事業を継続させたいと考えていますが、上記の損害賠償請求をM個人ではなく、会社Aに対してされてしまうと、会社がもちません。

この損害賠償請求を、会社Bの社長は個人Mではなく会社Aに対して起こすことができるのでしょうか?
また、それはMが代表取締役を退任する前と後で違うものでしょうか?

さらにこのMは、会社を復活させたのは自分の意志ではなく、第三者の口車に乗せられたと開き直っています。

Mが損害賠償を請求されたのち、さらにMがその第三者に損害賠償を請求したとして、この請求は認められるものでしょうか?

回答宜しくお願いします

ちなみに私は、会社Aの社員です。
2012年06月15日 16時38分

みんなの回答

住 真介
住 真介 弁護士
ありがとう
①A社に対する損害賠償請求について
 理論的には可能です。

 会社法350条には、代表取締役がその職務執行について第三者に損害を与えた場合には、その株式会社が損害賠償責任を負う旨規定されています。

 今回の場合にも、A社の代表取締役であるMの競業避止義務違反行為によって、第三者であるB社に損害を与えていることから、B社は会社法350条に基づいてA社に対して損害賠償を請求することができると考えられます。


②代表取締役退任後の請求について
 A社に対する損害賠償請求訴訟を提起する前に、MがA社の代表取締役を退任したとしても、MはA社の代表取締役在任時にA社の顧客を奪う等の行為を行っていますから、①の結論に影響はしません。


③Mの第三者に対する請求について
 仮にMの主張が事実であるとすれば、損害との間の因果関係が認められ、第三者の不法行為責任が認められることもありえます。
 ただし、大幅な過失相殺が想定されます。
 
 一方、第三者にそそのかされたとしても、Mの意思に基づき行為を行ったものと認められた場合には、損害との因果関係が認められず、請求は認められないと考えられます。

2012年06月20日 12時35分

この投稿は、2012年06月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

同業他社へ転職したら前社から競業避止義務違反を主張されたときの対処法

会社によっては、就業規則や誓約書で、従業員に「退職後1年間は同業他社に転職してはいけない」などの競業避止義務を定めているところがあります。こう...

この相談に近い法律相談

  • 退職した会社に損害賠償を求められています

    去年いっぱいで退職したA社の社長に訴えられそうになっています。 A社の社長は企業する前に所属していたB社を辞める際に、集団辞職に近いことをして辞めたそうです。 その時A社の社長と一緒にB社を辞めた方がA社で臨時のバイトとして月に何回かA社で仕事をしていました。 その方がバイトに来ている事を先月私がB社の社長に話し...

  • 職場で労働災害、賠償責任会社社長に個人に。

    会社で作業中、社長の安全確認ミスで怪我をしました。その後 後遺症が残りましがその事で会社を解雇され、今訴訟中です。 不当解雇とは別でこの、労災事故の遺失利益分と損害賠償を申し立て準備中です。会社は株式会社ですが、個人経営みたいなものです。賠償が認められても支払い、をしてくれるかわかりません。そこで仮差押えを検討...

  • 業務請負契約がない会社との取引

    上場企業の子会社から業務請負をさせていただいています。3月末までは私の会社の上にもう一社あり構図としては、A上場企業→B子会社→C請負会社→D当社となっていたのですが3月末でC請負会社が抜け子会社と直接取引ができるようになりました。請負金額とかは全て知っていたので当然その金額でさせて頂けると思ったら値下げされ、決算書を見...

  • 損害賠償請求とか出来るのか?

    他社から自社の有力な従業員を引き抜いたりしたら、自社は他社に対して損害賠償請求できますか?慰謝料請求等も出来る? またできるとしたら普通誰が誰に対して請求しますか? 自社が他社に対して(法人が法人に対して)? 自社の社長が他社に対して(自然人が法人に対して)? 自社が他社の社長に対して(法人が自然人に対...

  • 業務停止期間の賠償請求を個人に

    弊社と取引のあるA社の社長から、突然取引停止を言い渡されました。事情を聞くと弊社従業員のBがA社従業員のCに、A社及びA社の社長の悪口を言っており、信頼を損なったからとのことでした。 Bはそのような事になっていることは知らず、A社社長に業務の電話とメールをしておりましたが、共に無視されている状態した。忙しいのだろうと...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。