個人情報盗用に関して

公開日: 相談日:2022年08月08日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
小売店Aからお客様のEC商品配送の際の個人情報盗用。
当社は小売店Aより荷物の配送を委託され、当社と取引関係にある個人事業主Bへ商品の配送を再委託しました。
その際、個人事業主Bが荷物に記載されている個人情報を盗用し、私的利用した。(お客様に対してメールをした)

【質問1】
①契約上は小売店A⇄当社⇄個人事業主Bではありますが、損害賠償等請求された場合、当社を挟まず小売店A→個人事業主Bとなることはあるのでしょうか。

【質問2】
お客様より、個人情報を知られて怖いという理由で引越し費用を請求されてますが、これは払う責任があるのでしょうか。

【質問3】
小売店Aより、穏便に解決することに尽力してもらえなければ損害賠償請求(数億になるぞ!と言われた)すると強めに圧力をかけられたのですが、これは法的に問題ないのでしょうか。

1172676さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都4位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    ①契約上は小売店A⇄当社⇄個人事業主Bではありますが、損害賠償等請求された場合、当社を挟まず小売店A→個人事業主Bとなることはあるのでしょうか。

    小売店Aは、あなたの会社に対しては、契約違反として責任追及できるでしょうし、個人事業主Bに対しては、不法行為として責任追及ができると思います。

    【質問2】
    お客様より、個人情報を知られて怖いという理由で引越し費用を請求されてますが、これは払う責任があるのでしょうか。

    個人事業主Bがお客様に対して送ったメールの内容にもよりますが、そのメールの内容がお客様に危害を加えることを予告するようなものでなければ、個人情報を知られたことにより、お客様が引っ越さざるを得ないとは通常は考えれず、個人情報を知られたことと、引っ越さざるを得ないこととの間には因果関係が認められませんので、あなたの会社が引越費用を損害賠償する責任はないでしょう。

    【質問3】
    小売店Aより、穏便に解決することに尽力してもらえなければ損害賠償請求(数億になるぞ!と言われた)すると強めに圧力をかけられたのですが、これは法的に問題ないのでしょうか。

    不当な請求をすると脅して何かをさせようとすれば、形式的には強要未遂罪(刑法223条)や民事上の不法行為となりますが、それだけで小売店Aに対して責任追及をすることは難しく、小売店Aの要求を拒否すればいいだけでしょう。


この投稿は、2022年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました