建設業の下請負契約の金額が労働者の単価契約は違法か


下請負契約(個別契約)の記載金額が、単価(1日いくらのみ)は建設業法又は労働派遣法等に違反するものでしょうか?
作業内容を直接指揮すべき現場代理人も上記同様単価契約です。

宜しくお願い致します。
2016年04月13日 13時39分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ベストアンサー
ありがとう
下請負契約(個別契約)の記載金額が、単価(1日いくらのみ)は建設業法又は労働派遣法等に違反するものでしょうか?

下請負契約であっても、請負契約ですので、建設業法は、工事内容、下請代金額、工期等を定めた契約書面を交わすこととしていますので(19条)、単価(1日いくらのみ)を記載しただけの契約書面であれば、建設業法違反となるでしょう。
また、下請工事の完成に対して下請代金を支払うという下請契約の実体がなく、単に1日当りの労働に対して対価を支払うというものであれば、実質は日雇いの雇用契約ですので、その場合には、1日当り賃金だけを定めても、問題はありませんが、契約書に記載されていないくても、1日8時間、1週40時間の労働時間を超えた場合には、超えた部分について25%以上の割増賃金の支給対象となります。

2016年04月26日 11時30分

この投稿は、2016年04月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

請負や業務委託でも労災の補償を受けられるケースとは

通勤中や勤務中にケガをしたり、長時間労働でうつ病を患うなど病気にかかったりしてしまった場合、会社の従業員であれば労災保険から治療費を補償して...

この相談に近い法律相談

  • 建築条件付き土地の白紙解約について

    建築条件付土地の解約について、質問です。 約3ヶ月前に、建築条件付土地を契約し、建物請負契約は未締結の状態ですが、 転勤が決まったため、請負契約を締結せずに白紙解約したい意向です。 土地の売主と、建物建築請負は同一会社で、複数回プランの打ち合わせは進めていましたが、 当初よりかなり建築費用が上がってきていた...

  • 建設業 請負契約と資材購入の区別について

    建設業において、下請け業者に請負工事を発注し、その中にある資材(砕石等)は支給とし契約を締結した。が、支給としながら資材の購入先も同下請け業者。 資材の購入なので下請け契約内容には含まれて(記載されて)いない。 上記の内容は法律に抵触するものでしょうか。 御教示願います。

  • 注文住宅と売買契約?

    昨年、注文住宅を建てました。現在引き渡しが済んで入居しています。 契約書の表紙に売買契約と書いてあります。収入印紙、署名欄のページにも売買契約と書いてあります。しかし売主、買主では無く、注文者、請負者になっています。約款は請負契約の内容のようです。(例えば、第2条請負者 約束の工期内に完成させる・・・。第13条 紛争...

  • 建物工事請負契約書と建物売買契約書はどちらが優先されるか

    知合いの不動産に土地を探してもらいその土地に家を建ててもらいました。土地は仲介により購入。土地に建築条件は付いていませんでした。土地の売買契約とほぼ同時に半年後を完成工期とする建物の工事請負契約書が交わされました。契約書には不動産業者と建築業者の両方のサインがあり建築業者が作成した見積書が添付されていました。し...

  • 賃貸マンション売却時の賃貸管理契約解除について(違約金を請求されました@@)

    ワンルームの賃貸マンションを手放すことにしました。 売却に伴い、賃貸管理会社に賃貸管理委託契約の解除の連絡をしたところ、 ・名義書換手数料 賃料の1か月分 ・違約金     賃料の1か月分 を請求されました。 そもそも、賃貸管理業務を委託している物件の所有権移転に伴う賃貸管理の業務委託の終了なので、上記金額を...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。