自社開発ソフトウェアの生産性向上設備投資促進税制の申請書について

公開日: 相談日:2015年02月04日
  • 1弁護士
  • 1回答

自社で開発しているソフトウェアにて生産性向上設備投資促進税制の申請をして欲しいと顧客から依頼がありました。自分なりに調べて申請を出しましたが認可されませんでした。後から直属の上司よりこのような書類は行政書士などに依頼した方がいいのだろうかと言われました。

顧客からしてみれば、社内のSE(プログラマ)が申請を出して認可が下りなかったという説明はあまり信憑性がないのではと感じていたので、説得力を出すためにも、そのような税制の申請書などは弁護士や行政書士の先生方に書き方の指導などを受けて提出した方が良いと思います。ただ今回の申請書について事務部門は自分で書いて提出しろと言い掛け合ってくれませんでした。

税制に関わる申請書は社内のSE等が誰にも相談せずに出すのが一般的なのでしょうか?一般論でかまいませんので、他の企業等の場合など教えていただけると参考になります。

318826さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2015年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから