客先会社倒産時の貸し出し物品の返却対応

公開日: 相談日:2021年10月12日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
ある会社からソフトウェア開発を依頼されました。と同時に開発環境としてパソコンを付与され、開発作業をしていました。しかし、その後、その会社が倒産してしまいました。

【質問1】
この場合、付与されたパソコンは返却しなければいけないのでしょうか。

【質問2】
作業代金が払われていない場合でも、付与されたパソコンは返却しなければならないのでしょうか。

【質問3】
返却依頼がどこからも無い場合、待っていれば、自分のモノとできるのでしょうか。また、その場合、どの程度待てばいいのでしょうか。

1074075さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位

    横山 清亮 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1 ご相談者に占有権限がないのであれば,返却すべき義務はあろうかと思います。

    2 双方,法律上の商人に該当し,商行為による代金の権利であれば,商事留置権を主張できる可能性はあります。

    3 そもそも借りたものであれば取得時効の主張はできません。

    会社が破産手続を執ったのであれば,破産管財人が返還請求をしてくる可能性があります。最終的に管財人はそれを換価して配当にあてますから,請求に対して適価での買い取り交渉をすべきでしょう。

この投稿は、2021年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから