契約書記載の住所地と印鑑登録住所地が異なる場合

引き続き法人との契約書と登記についてご質問させて下さい。

契約書にはその企業の住所地が記載されますが、その住所地が登記されていなかっ
たとします。
印鑑登録は別の住所地の管轄の法務局に登録されているのでしょうが、その場合契
約書に記載されている住所と印鑑登録されている住所地が異なってしまいます。
このような場合、どのような問題が生じると考えられるでしょうか?
2019年02月16日 11時30分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
そのような場合は、相手方の法人が、自分は契約していない、なぜなら記載されている住所が違うから、と主張してくる可能性があります。そのような主張がされた場合は、相手方の法人が契約締結したことが分かる証拠(契約に従い代金を支払った、その法人は他の契約でも記載の住所を使っていた等)があれば問題ないと思われます。

2019年02月16日 12時25分

この投稿は、2019年02月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言書がある場合に相続手続きを自分で行うための手続きガイド

遺言書がある場合の相続手続きは自分で行うことができます。この記事では、預金、不動産、自動車などの財産ごとに必要な手続きを詳しく解説しています。

相続した財産の名義変更を自分で行うための手続き

相続の手続きを進める中で、遺産の分け方が決まったら、遺産の名義を被相続人から自分の名義に変更しなければなりません。名義変更の方法は、不動産や...

この相談に近い法律相談

  • 契約書の住所について質問です

    弊社は先日事務所を移転しました。 移転日を前後して用意していた契約書があるのですが、 移転前に用意した契約案を相手方に送り、先方で押印後弊社に送り返されてきた時点で、 弊社の移転が終了してしまいました。 締結日を確認したところ、弊社の移転後の日付となっていました。 よって、 弊社の住所:移転前の住所 ...

  • 古物商の免許を持っている同士の取引に売買契約書は必要ですか?

    古物商の免許を持っている業者同士の取引についての相談希望です こちらは個人事業主で相手が法人です 両者とも古物商の免許があります 定期的にスマートフォンを販売する場合に売買契約書を交わす必要はありますか? また必要が無い場合でも売買契約書を交わした方が良いメリットはありますか? ちなみに1回の取引額は200...

  • 企業同士の製品売買契約での契約解除について

    企業同士の製品売買契約書等で、 「契約発効後30日以内に製品の検査を行う。検査合格を購入側が出すか、特に申し立て等なく、この期日を超えた場合、検査に合格したとし、今後はこの製品についてあらゆる申し立て(契約解除や損害請求含む)を行わないことを双方(売り側、買い側)ともに合意したとする」という文面が明記されていたとし...

  • 企業間の売買契約の解除、解約金について

    先日、会社で自動販売機の設置販売を行う業者と売買契約をしてしまいました。 こちら側には出費のリスクはほとんどないと伺い、契約書を作成しました。 契約書作成後に書類を確認しなおしたところ、営業の方の話の内容と契約内容に差があったので、 申し込みを撤回したいというむねを伝えたところ、解約金が十数万円かかるとのことで...

  • 代表取締役が二人いる会社で、一人の代表取締役だけで売買契約をした場合は契約は成立しますか?

    自分Aの他にもう一人代表取締役Bがいます。先日Bが会社の資産である重機を、Aに相談なく取引先に売ってしまいました。売買契約書には、60回の分割払いになっていて、Bの署名と登録した社印が押されています。契約1ヶ月後にBは辞任されて現在は退職しています。取引先からは契約の通りの金額が期日に入金されています。株は100%Aが...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。