1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 他社との取引や契約
  4. 売買契約
  5. 古物商の免許を持っている同士の取引に売買契約書は必要ですか?

公開日:

古物商の免許を持っている同士の取引に売買契約書は必要ですか?

2018年05月09日
ベストアンサー
古物商の免許を持っている業者同士の取引についての相談希望です

こちらは個人事業主で相手が法人です
両者とも古物商の免許があります

定期的にスマートフォンを販売する場合に売買契約書を交わす必要はありますか?

また必要が無い場合でも売買契約書を交わした方が良いメリットはありますか?

ちなみに1回の取引額は200万円未満で1ヶ月の合計は1000万円くらいになる予定です

よろしくお願い致します
相談者(659885)の相談

みんなの回答

草木 良文
草木 良文 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 定期的にスマートフォンを販売する場合に売買契約書を交わす必要はありますか

必ずしも必要なわけではありません。

> また必要が無い場合でも売買契約書を交わした方が良いメリットはありますか?

上記のように必ず必要ではありませんが、契約書を作っておいた方が、細かい部分での認識のずれが生じにくいです。
特に、不良品だった場合の扱い、契約を中止する場合の対処方法など、非常時に効果が出てくると思われます。

2018年05月09日 13時29分

この投稿は、2018年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,011名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • クローズド懸賞についての質問です。

    クローズド懸賞についての質問です。 総額は売上予定総額の2%以下。とありますが、売上予定の根拠は必要なのでしょうか? 新規に立ち上げする際には以前の売り上げ実績がありませんので比較しようが有りません。 インターネットショップなので来客数もわかりません。 500円の商品を販売する時、1万円の商品券を懸賞品にす...

  • 売買契約成立、店側からの一方的なキャンセルに伴う規約矛盾につき

    インターネットでの仮想通貨売買に関する質問です。 私が保有する仮想通貨を取引所で売却しました。その後、取引所から取引時間、数量、売却価格、レートなど取引の完了についてのメール返信がありました。 しかしその5時間後、先程の売却価格は異常な価格だったため、取引前の状態に戻します。との連絡がきました。 規約には、約定...

  • 不動産売買: 手付解除期限・ローン特約期間後の違約金について

    当方売主です。 以下の状況なのですが、違約金(売買代金の10%と契約書に記載)の請求をした場合、法的に受領可能かどうかご意見頂けますでしょうか? ■8/14に売買契約締結(先方捺印は8/9、当方捺印が8/14) ■契約書記載の手付解除期限は8/10 ■融資特約は『買主の指定する者は本物件の購入に際し○○銀行を利用するが、8/8までに融資の...

  • 仮想通貨の売買について

    合同会社です。 ①会社で仮想通貨の売買をする場合、何か許可とか必要でしょうか? ②定款目的は、外国為替証拠金取引などの差金決済取引、有価証券、オプション取引の売買・保有・運用になっています。仮想通貨の売買をする場合、定款変更をしないとダメなのでしょうか? 定款目的にはなんと記入すればよいのでしょうか?

  • 問い合わせに対する営業・業務妨害について

    オークションで購入し不要になったDVDをネット上の買取業者(買取金額に対する売却意思確認不要で入金される方式に同意し)に買取ってもらったところ、見積り金額の20〜40分の1(10円程度)の値段での買取となりました。買取明細等が送られて来なかったので2回程度問い合わせをし、自分の低価格で買取られた商品が高額で売られると残念...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。