フランチャイズの途中契約を申し出ていますが、違約金が払えないのはどうすればいいでしょうか。

昨年エステのフランチャイズの契約をしましたが、資金繰り悪化で、現在、フランチャイズの本部が資金を肩代わりしてもらい経営しています。人も減り、売上も減っているので、途中解約の申し入れをして、清算を依頼しました。契約料300万は物件代で相殺されるのですが、ロイヤリティー半年分100万と本部費70万損金130万の合計300万請求がきています。物件の保証金が130万あるので残り170万になりますが、現金がない為、払えません。分割、ローンなどできるものでしょうか。減額できるものなのでしょうか。再度、解約の申し入れをしましたら、払えないなら、プラスになるまで続けるよう言われました。しかし、その間ロイヤリティー8%と本部費は発生しますし、損金は精算時に負担させられます。まだ、1年半もあり、1年半後に請求額が大きくなっても困ります。
質問としましては、
1.解約清算時、お金がなければどうすればいいでしょうか。
2.経営は本部なのに、損金は支払わないといけないのでしょうか?
3.やはり、つなぎとめられているのでしょうか。
教えてください。よろしくお願い致します。
2019年07月21日 12時11分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
> 1.解約清算時、お金がなければどうすればいいでしょうか。
>
> 2.経営は本部なのに、損金は支払わないといけないのでしょうか?
>


この辺りは事情によっては、相手側の債務不履行や説明が不当などで解除できる場合もあります。
しかし、契約が有効でしたら、とりあえず解除して、損金は分割などの話でしょう。
ほかに借り入れがあれば、すべてまとめて、破産のほうが良い場合もあります。

2019年07月21日 12時24分

野条 健人
野条 健人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
お困りだと思われますのでお答えいたします。

残りの資産や債務総額等も含めてよりよい解決策が何かも含めて検討する必要があります。場合によっては自己破産も含め債務整理を行い、負担軽減されても良いかと思います。一度直接弁護士先生と面談されても良いかと思います。

2019年07月21日 12時54分

この投稿は、2019年07月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,702名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • フランチャイズ解約とロイヤリティー支払い義務について

    フランチャイズ解約とロイヤリティー支払い義務について 当方加盟側で、本部共々個人事業主です。 当方は解約意思表示していますが本部が解約相談に応じず解約理由なしとしてロイヤリティー支払いを請求してきます。 当方は事業をしておらず本部からの指導も全くないので、指導の対価であるロイヤリティー支払い義務は無いと思います...

  • フランチャイズのロイヤリティに関して。

    現在、某FCに加盟しておりますが 契約上は税込売上に対して一定率で ロイヤリティが請求されます。 来年度に消費税が10%になると 当然ロイヤリティも上昇2%に対して 自動で値上げとなります。 ここで消費税に対してロイヤリティがかかるのは おかしいと訴えた場合 どう言った根拠で争うべきか また、その場合に勝訴する可能性...

  • フランチャイズのロイヤリティー

    某フランチャイズのロイヤリティーが高い割りに経営指導が無くその屋号のブランド価値が低いのでそのロイヤリティーを下げて、供託する宗を先方に内容証明で告げて供託しても法的に問題が無いか、アドバイスをお願いします。

  • フランチャイズのロイヤリティ値上げについて

    2月にフランチャイズのお弁当屋の契約をし、3月末にオープンしました。 2月の契約の際、ロイヤリティは「月30,000円」ということで他のフランチャイズより格段に安くその点に魅力を感じ契約しましたが、3月のオープン直前になり、ロイヤリティを「月度売上の3%」に上げると言われ、店舗改装が済んでいたため、開店するしかなく了承し...

  • フランチャイズのロイヤリティの2度の変更で困っています。

    はじめまして。 私は某FCに加盟して九州で弁当屋を経営しています。 まだ開店して数カ月ですがFCの本部から開店前に 3万円のロイヤリティだったのが3%の値上げをいわれ承認し またこれから値上げすると言われこれでは契約の時のロイヤリティと違いすぎるし まだ開店時の工事代金の支払い終わってない段階で言われ困っています...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。