プロパンガス会社との解約

公開日: 相談日:2011年08月25日
  • 1弁護士
  • 1回答

プロパンガス会社との違約金についてです。
一年半たってしまいましたが、この契約書を見たのは昨日が初めてです。
契約書にはサイン、捺印しています。ただしサインしたのは嫁であり、私では無い。代理人と書いてあります。代理人をたてるには、委任状という物が必要になるのではないでしょうか?
書いてある項目も全く知らない工事費、配管料、契約について等。
なぜ家を建てる前にこの用な書類を出さないのか?

建設会社から依頼されようが、料金が別なら購入者の私にも話しがくるのが当たり前ではないでしょうか。
嫁に聞いた所、契約書の内容説明は全く説明されず、説明されたのは、リモコン操作、浴槽の水のでる部分の掃除、排水溝の掃除だけだそうです。
そこの部分は建設会社に説明されました。なのにガス会社も説明してきたんです。契約書の説明には一切触れず、その説明だけをして、最後に終わったのでここにサインして下さいと。
液石法の違反になるのでは?説明不足にもほどがあります。
大事な契約書なのに世帯主のサインではない、契約書の説明は全くない。私は担当者すら知らない。これでも違約金を払わなくてはいけないのですか?大事な書類と解れば絶対に嫁も見せるはずです。

74589さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位

    弁護士 A

    タッチして回答を見る

    プロパンガスの契約は、日常家事債務に該当すると思われます。
    そうすると、あなたもその責任を負うことになりますので、奥さんが勝手にサインしたということでは責任を逃れられないでしょう(民法760条)。

    違約金の額が不相当に大きければ、消費者契約法によってその損害額を軽減するように求めることは可能です(9条)。

この投稿は、2011年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから