弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約書 : [企業法務] 契約書のお悩み対処法

法人との契約違反について

契約関係の質問です。

加盟店があるサイトを運営しています

お客様と加盟店が契約を交わしたら、当社に報告が必須と
なっておりますが、加盟店が契約を隠蔽したりする
ケースが目立っています。

どういった法的対処が有効でしょうか。


契約書には報告義務を盛り込んでいて
注文を受けた場合は直ちに報告するとあります。
再契約したり(下請けに流す)、契約を隠蔽したりすると

一切の損害を賠償するとあります。

実際に法的ペナルティを与えたいのですが、実際に執行したことがなく困っております。
契約書に報告義務を盛り込んでいるのであれば、該当条文の番号や文言を明記した上で、加盟店に報告義務を履行するように勧告したり、実際に損害が発生しているものがあれば損害賠償請求をなさっても良いかと思います。
まずは上記内容を記載した内容証明郵便を送ってみるのも手かと思います。

ゆうまっくすさん
2018年09月15日 16時54分

みんなの回答

新井 優樹
新井 優樹 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2018年09月15日 17時09分

この投稿は、2018年09月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,083名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 株式譲渡契約書に盛り込む必要事項について

    上場していない企業から株式譲渡をして頂きます。 →株式譲受人は私個人になります。 株式譲受人の自分はそこまでリスクはないと考えていますが、 先方から頂いた株式譲渡契約書が、非常に簡易で 薄い内容のため、ちょっと不安に思っています。 ※反社会的勢力等と交流をもっていないといった コンプライアンス事項も含まれていま...

  • 販売店と契約書を交わした後の住所変更の対処法は?

    代理店になった者ですが、販売店と契約した後に、私が引っ越しなどで住所が変更した場合は、契約書はどのようになるのでしょうか?例えば、販売店先に通知するだけで良いのか、またお互いに書き直すのか、その際、また収入印紙を貼らなければならないのか・・・など、初めてなので教えていただけないでしょうか?

  • 風俗店でのトラブル。これらの契約は有効なのでしょうか?

    私はわけあって風俗店に勤務していたのですが 今勤務しているお店ではなく、違うお店に移ろうと思って退店をしました。 お店を辞めた理由は、お店の雰囲気が自分にはあってなかったのと、そこのお店にいるのが精神的にきつかった事。 それに、他店より貰えるお金が少なかったからです。 いざ辞めるなったときに、辞めるための契約...

  • 契約書の有効性について

    私は小規模事業経営者なのですが、当社とお客様との間で交わした業務委託受託契約書について教えて頂きたいのですが、お客様が署名した契約書は原本を持っていなければ無効になってしまうのでしょうか?現在は署名済みの原本をスキャンし、これをデータ化したものをPDFファイルとして保管しているのですが、これでは何か問題が起きた時...

  • 契約書の交わしていないBtoC案件

    BtoCで私はCの方です。 あるお仕事を企業さんにお願いしていました。 その支払いが厳しくなり、払えません。 契約書も何も交わしていないのですが、これは有効になるのでしょうか? 今から法的に効力のある契約書を交わして欲しいと依頼されていますが、 交わしたくありませんし、支払いたくありません。 その方と話もし...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。