会社同士の契約書 甲及び乙の名称

契約書の冒頭の甲や乙の契約当事者の記載について、正式な書き方を教えていただきたいです。

法人の場合、
①株式会社○○ 代表取締役 ▲▲ まで記載するのが正式か、
②株式会社○○のみ記載するが正式か、
どちらでしょうか?

もちろん、契約書末尾に記載する、甲・乙は代表社名まで記載し、捺印します。

また①の場合で代表社名までを甲・乙の当事者欄に記載すると、
代表者変更の際は覚書を交わす必要があったりしますか?
b4_2b83さん
2018年03月03日 11時24分

みんなの回答

豊芦 弘
豊芦 弘 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
誰と誰が契約する部分という意味だと考えてお答えします。

株式会社●●が,契約の主体ですから(権利義務が帰属するのは,株式会社●●であり,同社の代取ではない。),誤解をまねかないためにも,株式会社●●とするのが正確でしょう。
したがって,②が正しいと考えます。

蛇足ですが,株式会社●●は法人であり,現実に行動するためには,代表者の行為が必要です。
したがって,株式会社●●の契約を締結するために行動したのは,株式会社●●の代表者代表取締役▲▲として,記名押印します。

2018年03月03日 11時45分

b4_2b83 さん (質問者)
豊芦先生、ご回答いただきありがとうございます。

仰るとおり、契約書記載の冒頭部分の、誰と誰が契約するという部分についてお伺いしました。

②株式会社●●のみが正確とお答えいただきましたが、

これを、株式会社●● 代表取締役▲▲のように、代取名まで入れた契約書をいただいた場合、
法人名のみに修正しておくべきでしょうか?

代取名まで記載されることは双方にとって不都合があるのでしょうか?

2018年03月03日 11時51分

豊芦 弘
豊芦 弘 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> これを、株式会社●● 代表取締役▲▲のように、代取名まで入れた契約書をいただいた場合、
> 法人名のみに修正しておくべきでしょうか?

現状不都合とは考えませんが,無理に解釈すると
株式会社●●の代表取締役という肩書きを持っている▲▲と,■■が契約した
と読めなくもない(通常このように読むことは無理な解釈だとおもいます。)ので,
先の回答が正確と考えた次第です。

2018年03月03日 12時25分

b4_2b83 さん (質問者)
豊芦先生、ご回答いただきありがとうございます。

とても良く分かりました!

2018年03月03日 12時47分

この投稿は、2018年03月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】「事故発生状況報告書」を記載する際の注意点とポイント【図解】

交通事故の被害を回復するために保険会社に保険金を請求する場合、様々な書類を用意する必要があります。その1つに、「事故発生状況報告書」という書類...

この相談に近い法律相談

  • 2社間の秘密保持契約において、相手方の子会社にも秘密保持義務を負担させるには?

    M&Aの秘密保持契約書の作成に当たりご教示ください。 当社(甲)は売却側、相手(乙)は買収側です。 乙は親会社であり、乙には子会社が乙1、乙2、乙3...と複数あり、彼らもM&Aの秘密情報に接する立場にあります(乙は交渉の取り纏め役、各子会社は実際に買収を検討する事業会社という関係です)。 甲vs乙、甲vs乙1、甲v...

  • 契約書で甲に子会社、関連会社を含む場合の表記方法

    契約書の甲に子会社、関連会社を含む場合、契約書のはじめの部分でどう表記すればよろしいでしょうか? 本来であれば甲、乙、丙とかにして、全ての子会社、関連会社に捺印させるべきでかることは理解しているのですが、 面倒な部分もあり、文言で対応したく。 【具体例】 ①下記では、複数が甲になっており、甲の署名捺印を全...

  • 契約書の書き方について

    甲と乙が契約する場合、下記のように、まず、甲が提案内容と提案の意思を表明して、 次に、乙がそれらを受け入れることを証する書式でも契約書として成り立つものでしょうか? 次のような書式で、A4紙面に記載したもので、甲と乙ともに署名・押印したものです。 ---------------------------------------------------------  ...

  • 覚書より公正証書のほうが安心を得れるのか?

    債務者(会社代表者)は甲、債権者(個人しての私)は乙として投資を行い、以下の覚書を作成しました、 『投資受益分配に関する覚書 「甲」は、平成⚫年⚫月⚫日に投有責組合と取り交わした覚書に基づき甲が受領すべき金員(金員に代えて投有責組合が保有する上場会社の株式を受領する場合は当該株式、以下、当該株式を「上場株式」とい...

  • この誓約書は文面として大丈夫か。

    夫が義父(夫の父)が経営する会社に入社する話があり、下記の誓約書を交わしたい。文面として大丈夫か。法律的に有効か。またどのような効果があるのか。                    誓約書 ○○(夫の名前)を甲とし、××(義父の会社)を乙とし、甲が乙に勤務するにあたり、甲乙間は下記の内容を合意し、甲乙は本誓約...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。