弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約書 : [企業法務] 契約書のお悩み対処法

独立 辞める際のトラブル

同業で独立しようと思っています。
近くに店舗を構えるなどはしません。
仕入れ(競り市場)場所がいくつかかぶる程度。
入社して(5年前)始めて交わした契約書には同業で働くなら、会社で得た知識分の金額を請求するみたいなこと書いていたが、契約書は控えがなかったので今はわからない。
しかし、再契約で契約書を(部長になる)交わしその時には、競業防止のないようはなかった。
・以前の契約書は有効か?
・部長の立場なら罰則があるか?
・同業で働けなくなることがあるか?

一般従業員について、職業選択の自由、競業避止義務は原則としてないとされています。仮に契約書があったとしても直ちに有効になるわけではないです。

b4_0f87さん
2017年11月11日 10時55分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府9 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年11月11日 14時07分

この投稿は、2017年11月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では11,554名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 自腹契約が解雇事由に値するかについて

    会社の後輩が自腹で契約をしたことが上司にばれました。もともと、2ヶ月連続で最低ノルマ未達成だと自主退職させられる営業会社です。今まで成績が悪かったこともあり、自腹契約を黙認する代わりに自主退職を強要されています。もし、自主退職しなければ、契約金額(数千円程度)の3倍を請求し解雇にすると言われています。以前に他の社員...

  • 雇用契約?次の職業に同じ職種で就かせない。

    あまり隅々まで目を通さず、就職できるのならばと安易にサインしてしまった雇用契約書なのですが、遠方にいる社長が所持していて すぐに確認することができません。 転職を考えているのですが 2年以内に退職すると同じ職種に就いてはいけないという雇用契約になってるとのことで、 私は技術職なので1から違う職業に就こうとは思えな...

  • 業務委託の労働条件。教室をやめるしかないのでしょうか?

    初めまして。私は個人である企業と業務委託契約を交わし、自宅で幼児から小学生40人ほどに英語の指導をしています。 契約書を交わした時は、個室で担当者2名と読みあわせをし、その場ではんこを押しました(前もって、当日はんこを持ってきてそこで押してもらいますといわれました)内容としてはその場で私も納得したのでそれは良...

  • 退職時、秘密保持誓約書や競業避止義務等の契約書が一切なかった場合の競業行為について

    掲題の通り、退職時に秘密保持制約や競業避止契約書等が一切なかった場合の競業行為について質問です。前所属会社はそもそも全てにおいて契約書を作成しない会社で、私との契約時も一切契約書がありませんでした。(それを逆手に当初の契約条件を徐々に私にとって悪い方向に持っていかれた経緯があるのですが…。) ①競業する職に就くこ...

  • 競業避止義務は有効でしょうか?

     現経営者と意見が合わず、他の社員とともに契約期間満了をもって退職し、同業にて開業しようと考えています。就業規則に競業避止について記載がありますが、あいまいです。有効でしょうか?  そもそも理念をもって、ともに前職場を辞し、独立開業しました。立ち上げメンバーで話し合いながら運営してゆくはずでしたが、彼が代表と...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  2. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  3. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  4. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  5. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  6. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...
  7. とくダネ!がSNSの台風動画「返答なくても使...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。