少額訴訟、内容証明の金額

ホームページ作成を製作依頼したんですが1日考えキャンセルをしたいと相手に言いました。
キャンセル料は1割と契約書に書いてあるので納得してると相手に話をしても受け付けません。
54万円の支払いを現金一括でしたんでキャンセル料5万を引いた49万を返すように内容証明を送りました。
1週間返答がなければ少額訴訟をしようと思うんですが、契約書が履行されないこと、相手の不誠実な対応や裁判をする労力などを考え少額訴訟は54万で請求しようと思っているんですが内容証明の金額と少額訴訟の請求は同じ額でないと裁判に不利になりますか?
2017年11月01日 18時35分

みんなの回答

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
不利にはなりませんが全額の返金を求めるわけですから、その根拠を主張しないと行けません。

2017年11月01日 18時39分

豊芦 弘
豊芦 弘 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府9 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
54万円は、49万円+慰謝料でしょうか。
金銭請求なので、通常は慰謝料は認められないでしょう。

それとは別に、遅延損害金と訴訟費用をもとめられてはいかがでしょうか。

内容証明と違う金額を請求しただけでは不利にはなりません。

2017年11月01日 18時56分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
前回から動きがあったようですね。

債権は時間が経てば経つほど劣化しますので(回収が難しくなる)、早めの対応は賛成です。

内容証明と訴状の金額が異なること自体は問題ありませんが、その根拠をどうするかです。
慰謝料は上記の先生がおっしゃるとおり、正直難しいと思いますので、あくまで駆け引きのためと割り切られた方がいいと思います。

ちなみに通常訴訟を起こして、2回目の期日に法廷にお金を持参させて和解するというのも1つの方法です。
少額訴訟だと、この手段が使えません。
1回で終わりますので。

内容的には貴殿が圧倒的に有利ですので、あとは回収をどうするかです。
目標は49万を法廷で現金で払わせる。
あとで振込にはしないことをおすすめいたします。

ご参考までに。

2017年11月01日 19時24分

この投稿は、2017年11月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,806名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

少額訴訟…請求額60万円以下で利用できる1日訴訟の仕組み

退職した後、未払いの残業代や割増賃金を会社に払ってほしいと考えたとき、請求したい額が60万円以下であれば「少額訴訟」という手続きを利用すること...

この相談に近い法律相談

  • 貸金請求訴訟で債務確定判決がある取引の過払金について

    質問グループとカテゴリーを間違え投稿しましたので、正しいカテゴリーで同じ内容の質問をすることをお許し下さい。 現在、信販会社相手に不当利得返還請求の裁判中です。 その信販会社の2枚のクレジットカードを所有し、1枚はショッピングとキャッシング、もう1枚はローン専用でキャッシングのみ利用していましたが、多重債務で...

  • 支払遅延による損害で借金の利息は裁判で請求可?

    【背景】 恥ずかしながら、借金をしてオーナービジネスをしています。 この度、2/28付で解約をする旨、手続きしました。その際、投資した額のいくらかが戻るようになっています。 オーナービジネスを主催する法人がかなり怪しいところで期日通り払わない可能性があります。借金はこの返金を元に完済する予定です。返金額は500万程度...

  • 少額訴訟の訴状について

    インターネットショッピングサイトから注文した商品が相手都合でキャンセルになり、先払いしていた代金の返金請求のため少額訴訟を提起しようとしています。 その場合、 1.裁判所サイトにて公開されている『金銭支払(一般)請求』の書式でよいのか 2.事件名は何にするのが適当か 3.遅延損害金や利息も請求できるのか(返金の請求か...

  • エステの契約書不交付によるクーリングオフについて

    昨年11月にエステの痩身コース24回を申し込み、40万円支払いました。今年1月に更に追加を勧められ12回25万円を支払い、合計36回で65万円の支払いになりました。 その後も次々と強引な勧誘を受け、7月に17回目終了時点で解約を申し出たところ、一番高い単価で計算され差額として23万2千円の返金を受けました。 消費者生活センターに相...

  • 未受講のセミナー参加費の返金について

    60万円のセミナーに申し込み、既にカード決済をしたのですが、内容など自分には適当ではないと思ったので主催会社にキャンセルと返金を申し出ました。 すると、申し込み時の契約条項に返金ができないことが書かれているということで連絡がありました。 申し込み時にそのような説明を受けた覚えもなく、申込の控えなども渡されていな...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。