弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約書に記載されている専属管轄裁判は絶対なのでしょうか?

当方個人で原告です。

被告が契約の履行をしない(当方に報酬を払わない)ため、契約の解除と契約金の返還を地元の裁判所に提訴しました。
被告から、東京地方裁判所への移送申し立てがきています。

理由として、
・契約書に「東京地方裁判所を1審の専属裁判所とする事」
が記載されており、当方が契約書にサインしているので同意していると主張しています。

当方として
・契約の際、説明を受けていないし同意した覚えもない
・当方は無職で、東京までの交通費が大変である
・契約は訴状到着を持って解約とし、契約内容は無効であると当方は考えている
・そもそも被告が契約を履行しない事が訴訟の原因であり、契約書を都合よく解釈している

1.これらを踏まえて意見申し立てしようと思いますが、契約書に記載されている東京地方裁判所に移送されてしまうのでしょうか?

2.意見書を提出する場合、どのように書けば良いでしょうか?

以上、アドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

> 1.これらを踏まえて意見申し立てしようと思いますが、契約書に記載されている東京地方裁判所に移送されてしまうのでしょうか?

特段の事情がなければ、移送されると思います。

> 2.意見書を提出する場合、どのように書けば良いでしょうか?

錯誤や重要事項の不開示等により、契約自体がそもそも無効、あるいは取消対象となる等の、専属管轄の合意自体の無効や取消を主張する必要があるのではないか、と思います。

b4_975dさん
2017年11月01日 17時05分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都4
ありがとう

2017年11月08日 07時54分

この投稿は、2017年11月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 和解結果についての文書作成について

    民事裁判において裁判官の和解仲裁で和解する事にしました。 その後書記官が和解内容を文書化するようですが、原告・被告はその内容を確認しサイン、押印する必要は無いのでしょうか? 裁判官からはその事について全く触れませんでした。 和解内容が当方の意向と違うかもしれませんが? ー以上宜しくお願いします。

  • 高裁では、何を持って審議するのでしょうか?

    高裁に行った場合ですが、 高裁の裁判官は、 地裁での原告・被告のすべての書面(訴状・準備書面)を再度確認してくれるのでしょうか? それとも「解雇の争点整理表と陳述、陳述書」だけで判断するのでしょうか? よろしく お願いします。

  • 損害賠償訴状の移送申立てについて

    1:私は原告で、簡易裁判所で被告2名が移送申立てをしておりました。被告1名は裁判日の当日に提出しておりました。 2:その当日に、簡易裁判所での裁判が困難や複雑な事件で明確に正確に裁判をするには、地方裁判所での裁判が妥当とみなし、裁判官が決定としました。 3:しかし、私は担当書記官に伝えておりました事を述べた、あくま...

  • 離婚上告審における刑法記載等

    離婚裁判における上告審での質問です。 上告理由書・上告受理申立書に憲法・民法の記載や判例は無論書きますが、刑法の記載や判例を書いていい場合と書いてよくない場合を、簡潔な例で教えてください。 宜しくお願い致します。

  • 特別抗告状の特別抗告理由書の記載要領について

     現在、最高裁判所に対して、高等裁判所を通じて「特別抗告状」を提出し特別抗告を提起しております。  今後、高等裁判所より「特別抗告申立て通知書」が特別抗告人に対して送付されると思料されますが、ここで質問です。  特別抗告に対する理由書を記載する場合に、「憲法14条(法の下の平等)及び憲法32条(裁判を受ける権利)に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。