読みにくい契約書。有効ですか?

公開日: 相談日:2016年10月08日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

ある企業から契約書をもらいましたが、読みにくくて仕方ありません。
どのように読みにくいかというと、普通ならば

第1条 1 甲は乙に対して期限を定めてXXXの債務を負うものとする。
ただし乙から甲に対して事前の申し出があった場合はこの限りではない。

ですが

第1条 1 甲は乙に対して期限を定めてXXXの債務を負うものとする。
第100条 その他
XXXの債務については、乙から甲に対して事前の申し出があった場合はこの限りではない。

というようになっているのです。
つまり但し書きが本文と遠く離れたところにあり、しかも
「第何条の但し書きなのか」を書いていないので、
いちいち
「XXXの債務、って第何条だっけ? どのあたりに書いてあったっけ?」
と探さなくてはなりません。

(この契約は生命保険ではありませんが、生保の契約書で、こんなの、ありますよね。やたら但し書きが多い奴。)

相手に
「但し書きは本文と同じ条文内に収めてください」
とお願いしたところこんな回答でした。
「弁護士に頼んでしっかり作った契約書面をいつも使っている。それが本文部分である。
 しかし契約相手により、条文の細かい変更が必要なので、それらはすべて
”その他”として最終条文に但し書きを書くことによって”調整”している。
 当社の役員、法務担当者は当社の契約書面はすべて頭の中に入っているので、契約相手ごとに
第100条 その他
がどのように変化しているか、それだけを読めばよいように作ってある。
嫌なら契約やめますか?」


当方では契約書面作成の法的知識はなく、いつも契約相手が差し出す書面に判を押してました。もちろん、文言はしっかりチェックしています
相手の機嫌を損ねるとまずいのでこれ以上無理を言えません。

果たして
「本心は不明だが、本文と但し書きとを、離して書く」
という契約書は違法でしょうか? 合法でしょうか?
たとえ違法であっても、判を押した以上、すべて承諾したことになり後になってから
「そんな契約になっているとは知らなかった。
 たしかに契約書面にはそのように但し書きが書いてあるが、
 契約書面が読みにくいので、理解できず、読み落とした。
 こんな契約書面は法的に有効ではないので契約自体が無効である」
などの主張はできないのでしょうか?

491874さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    基本的には、できないと思ったほうがいいでしょう。あまりに紛らわしく、読む時間も与えられなかったというケースであれば、認められるケースがないまではいえませんが、もし依頼として受けるなら負け戦の前提にならざるをえないでしょう。

    業者対業者(あなたが消費者ではない)前提の契約であれば、認められる確率はきわめて低いと思います。

    ただ、そういう契約書を平気で使う業者は、思わぬ落とし穴(対応の不味さなど)がある場合もありますので、可能であれば、他の業者を探したほうがいいでかもしれません。継続的契約のようなので難しい場面もあるのでしょうが、長期に渡り依存関係を続けることには疑問もあります。

  • 相談者 491874さん

    タッチして回答を見る

    大村 真司 先生 ご回答ありがとうございます。

    ご質問させていただきます。

    ご回答より
    基本的には、できないと思ったほうがいいでしょう。

    この「できない」というのは「こんな契約書面は法的に有効ではないので契約自体が無効である」という主張は、当方は”できない”という意味でよろしいでしょうか?


    ご回答より
    業者対業者(あなたが消費者ではない)前提の契約であれば、認められる確率はきわめて低いと思います。

    仮に当方が一消費者であり、相手が多数の顧客を相手にする業者、であれば、当方は
    「こんな契約書面は法的に有効ではないので契約自体が無効である」
    という主張ができる可能性があるということでしょうか?
    それとも当方が一消費者であっても難しいのでしょうか?

    そもそも論になりますが、
    「但し書きは本文と同じ条文番号内に記載される必要がある。
     本文とは違う条文番号内に但し書きを記載しても、条文番号を飛び越えて但し書きが有効になることはない」
    といった法律や法律界の不文律はないのでしょうか?

    小学校の国語の授業の作文技術において
    「修飾語とその対象は極力近づけて書くこと。理由は遠く離して書いた場合、その修飾がどこに及ぶのかがわからなくなるからだ」
    といったことを学びますが、法律文や契約書面を書く時にはそのような約束事はないのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    東京都9位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    > 「本心は不明だが、本文と但し書きとを、離して書く」
    > という契約書は違法でしょうか? 合法でしょうか?

    合法です。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    基本的にはできないも、認められる確率はきわめて低いも、無効主張についてです。

    分かりにくいからと言っても、意味がわかれば有効。これは原則です。そして、裁判では書面が圧倒的に強いのです。

    ただ、読めるはずがない、分かるはずがないという状況から契約の内容となっていなかった、という解釈が絶対にありえないわけではありません。悪徳商法などで、極稀にこのような解釈による判決というのがありえます。ただ、これは、よほど理解のある裁判官が、絶対に読んでいない、この人の能力からしてかわいそうだ、といった判断をしたときに限られます。業者対業者間の継続的な取引ではまず認められませんし、消費者について認められるケースというのも、多くは集団訴訟で裁判所が真剣に考えるケースです。業者対業者ということでも認められたケースがないではありませんが、私が思いつくのは、かつての商工ファンド(SFCG)という商工ローン(中小企業者向けの高利貸し)の保証人の責任が否定されたケースくらいです。これは、書面だけ取って誤解をさせる意図が明らかだったケースで、なおかつ全国の弁護士が組織的に大量の訴訟を提起した中で、ごく少数無効を認めるものがあったというものです。

    したがって、無効主張はまず無理だと思っていただいたほうがいいと思います。納得は行かないかもしれませんが、不測の損害を避けるためには「嫌なら契約しない」しかありません。

  • 相談者 491874さん

    タッチして回答を見る

    大村 真司 先生
    再度のご回答ありがとうございました。
    よくわかりました。

この投稿は、2016年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました