知人が契約後に違約金を請求されたのですが支払う義務があるのか?

公開日: 相談日:2016年07月13日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

私の知り合いが地方のモデル事務所Aに所属しております。
一ヶ月前にモデル事務所Aと契約書並びに業務請負契約書を書いたようなのですが、後日モデル事務所Aの方から過去に違うモデル事務所Bで仕事をしていたから違約金50万円を支払えと連絡が来たようで困っているようなのでご質問させて頂きました。

モデル事務所Aと仕事をする前に一時的にBで仕事をしていたと知り合いが言っており事務所Aは契約後にBの仕事をしたと勘違いしておりいくら説明しても違約金を支払えとの一点張りで心身ともに疲れはててかわいそうです。Aとの契約は3ヶ月は違う事務所と仕事をしないことと契約書に記載されておりその他違約金等には記載がなかったと言っております。契約書自体もコピーなどもなくAが管理しているみたいです。知り合いは契約書と領収書が一枚の書類になっていたと言っており知り合いは契約書と仕事をした際の領収書も持っていないようで契約の際もAから契約書の内容についての説明がまったくないようで無理やり契約書にサインされたと言っておりました。この場合、モデルAから請求された違約金を支払う義務などはあるのでしょうか?この事例の場合はどのような法律等が使われるかも御存知の方がいれば教えていただけませんでしょうか?

質問事項としては
・知り合いは違約金を支払わないといけないのでしょうか?
・契約自体を無効にすることは可能なのか?
・契約書並びに領収書のコピー等を渡さないことは問題ないのでしょうか?

468508さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    ・知り合いは違約金を支払わないといけないのでしょうか?

    違約金を支払う義務の根拠となる事実がないなら、支払う義務はありません。
    支払義務があることは相手が証明する義務を負います。

    ・契約自体を無効にすることは可能なのか?

    無理やり署名させられたことを証明できるなら向こうに出来る可能性はありますが、一般的には難しいでしょう。

    ・契約書並びに領収書のコピー等を渡さないことは問題ないのでしょうか?

    それ自体が違法とはいえませんが、違約金を請求するのであれば、相手がその根拠を示す義務はあります。

  • タッチして回答を見る

    >知り合いは違約金を支払わないといけないのでしょうか?
     契約書に競業避止義務が定められており、かかる規定に違反しているのであれば、支払義務が生じることはあり得ます。
     契約書に違約金の条項がなかったとしても、債務不履行に基づく損害賠償請求は可能だからです。
     (そもそも競業避止義務違反がなければ、債務不履行とならず、賠償義務を負いませんが。)

    >契約自体を無効にすることは可能なのか?
     無理矢理契約させられたことを証明できないと難しいでしょうね。
     ただし、最終的に裁判所で認められるかどうかは別として、無理矢理契約されたので無効だと争うということはあり得るとは思います。

    >契約書並びに領収書のコピー等を渡さないことは問題ないのでしょうか?
     それ自体は問題ありません。

この投稿は、2016年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから