契約書の署名捺印について

外資系の会社に勤めています。アメリカの子会社である日本法人の社長がアメリカ本社の会社名の元契約書やその他書類にサインをするのは法的に問題無いのでしょうか?
2015年11月24日 14時17分

みんなの回答

鈴木 祥平
鈴木 祥平 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
【質問】外資系の会社に勤めています。アメリカの子会社である日本法人の社長がアメリカ本社の会社名の元契約書やその他書類にサインをするのは法的に問題無いのでしょうか?

【回答】アメリカ法人と日本法人があり、アメリカ法人の代表名義で日本法人の社長が契約書に署名・押印をしているというのであれば、問題となるのは、日本法人の社長がアメリカ法人の代表名義で署名・押印をする権限を与えられているかどうかという点です。権限を与えられているのであれば、署名代行といって、アメリカ法人の代表名義の署名・押印を日本法人の社長が代行をしているということになりますが、勝手に行っているのであれば、私文書偽造の問題が生じます。

2015年11月24日 15時10分

相談者
権限が与えられていれば法的には問題無いのですね。安心しました。
ありがとうございました。

2015年11月25日 15時04分

この投稿は、2015年11月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

弁護士資格を持たない業務委託の法務部員に契約書作成を依頼することや行政書士に契約書の審査を依頼することは非弁行為になるのか【弁護士Q&A】

弁護士資格を持たない業務委託契約の法務部員に契約書の作成を依頼することは非弁行為にあたるのでしょうか。また、行政書士に、契約書の作成ではなく...

企業が秘密保持契約(NDA)を結ぶときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が取引をする際、相手方が取引をする上で知った顧客情報などを第三者に漏らしたりしないよう、秘密保持契約(NDA)を結ぶことが一般的です。この記...

【相続】署名捺印がない、訂正部分がおかしい…そんな遺言書は有効?

亡くなった人の遺言書が見つかったけれど、本人の署名捺印がなかった場合、有効な遺言書として扱えるのでしょうか。こういった疑問について「[みんなの...

会社が雇止めをできないケースl契約を更新してもらえない場合の対処法を解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

就業規則や契約期間に従わないと退職できないのか|会社が退職届を受け取らない場合の対処法も解説

たとえば、就業規則に「退職は3か月前までに申し出ること」というルールがある場合、少しでも早く退職したくても、ルールに従う必要があるのでしょうか...

この相談に近い法律相談

  • 日本の合同会社の子会社化

    自分ひとりで、日本に合同会社を設立した後、アメリカにも会社を設立しました。日本の合同会社をアメリカの会社の子会社としようと思っています。アメリカ (アメリカの法律上)では、すでに日本の会社を子会社とするという手続きを行なっていますが、日本 (日本の法律上)では、子会社にするにあたり、何か特別なことをする必要があ...

  • 会社内のトラブルについて 2

    会社の専務が社長自身の署名が必要な書類に勝手にサインし、その内容を社長に報告せずに契約を遂行することは罪になるのでしょうか? また、その契約が会社にとって損害を与えるものだとするとどうでしょうか?

  • 雇用契約と著作権帰属について

    映像制作の仕事をしている制作会社所属の会社員です。 クライアントより発注を受け、脚本を執筆しました。 発表(放送)は、私個人の名前が載ります。会社の名前は出ません。 脚本の創作は、私とクライアントで行っており、会社はノータッチです。 受注も、クライアントから私に直接連絡が来たもので、会社は仲介していません。 ...

  • 会社が作成する契約書の署名欄

    会社側の署名欄について質問があります ・ワープロ書きの社名+社印 ・ワープロ書きの取締役名+社印 ・取締役の自筆のサインのみで社名、社印無し これらのパターンで作成された契約書は 法的に有効な物となりますか?

  • 不思議な業務形態

    私はB社の駐車場係員の募集に応募して面接を受けて採用されましたが、面接も採用決定もグループ会社のA社の社員でした。 このA社は警備会社で駐車場管理運営しています。 雇用形態は1ヶ月の変形労働制で1年毎の更新で約4年半アルバイトとして勤務して来ました。 職場はA社が管理運営していて指揮命令等は、シフト制作や労働時間数等...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

契約書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。