弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約書 : [企業法務] 契約書のお悩み対処法

訴状や準備書面の「M月D日ころ」という表現

訴状や準備書面の「M月D日ころ」という表現についてお聞きします。

原告被告間が、同じ職場にいるとか、近所に住んでいる、というように、
毎日のように顔を突き合わせ、毎日のように会話をしている場合、
それぞれの発言や意思の一致確認をした日付が、正確には思い出せず、
「M月D日ころ、原告は被告に対して、口頭でXXXの提案をした。
 それを受けて被告はM月D日ころ、原告に受諾の旨、口頭で伝えた」
というような表現もあり、かと思います。

しかし、いろいろな訴状や書面を見ていると
「原告は居住地沖縄からM月D日頃、上京して被告と面会し、
その足で被告企業を訪問し、契約に至ったものである。
その契約の席上で、原告は追加案として口頭でXXXの提案を行い。
被告は同日ころ、口頭で受諾の旨を伝えたものである」
(甲X号証 M月D日付けの契約書)

というように、はっきりと書面その他で日付が特定できるにもかかわらず
「M月D日ころ」「同日ころ」
という表現を使う場合があります。

この「ころ」ってのは何でしょうか?
ハッキリ日付を特定しちゃうと、後で修正が利かないから、わざとぼかした表現を使うのでしょうか?

でも上記の例なんて、沖縄からの上京、なんてのは、都内在住者が都内を電車で移動した、なんていう日常的な行動とは違い
いろいろな痕跡(チケット購入履歴や搭乗者名簿)もあるし、
原告は沖縄、被告は東京、と分かれていて、会うことはめったにないのだから、その記憶は鮮明だろうし
その日に交わした契約書まであるのだから、
その席上での発言なんて
「契約書を交わしたM月D日に、口頭で伝え、同日、口頭で受諾された」
とはっきり日付を確定してもよさそうに思いますが・・・

それとも「録音テープなどの確たる物的証拠がない限り、口頭発言の日付を確定して主張すると、相手方や裁判所から
”お前、なんでそんなに鮮明に記憶してるんだよ。お前の記憶力はそんなに正しいのか?
 じゃあ、他に一つでも記憶間違いが判明した場合、お前の『記憶による主張』は全部否認させてもらうからな!”
という、退路を断たれないように、わざと「ころ」という表現を使うのでしょうか?

「ころ」の使い方に詳しい先生、お願いします。
「ころ」の使い方に詳しい弁護士などはいないと思います。「ころ」は日本語の通常の意味の「ころ」です。

ご質問にあるような推測が正しいかも知れませんし、別の理由があるかもしれません。ただ単に、主要な争点ではないので、明確にする必要はないとしたのかもしれませんし。
相手(原告でしょうか)の考えていることを確定することは、それだけでは困難です。

もし、その点が争点となるのであれば、求釈明をしたり、こちらから反論するなどして、先方の不自然さを浮き彫りにしておくのがよいでしょう。
 契約書に記載されている契約日が必ずしも厳密なものではない場合もあります。
 例えば、契約自体は、原則、合意のみによって成立するので、法的には合意が成立した日が契約日となりますが、契約書を取り交わした日を契約日として契約書に記載する場合もあるでしょう。

 また、当該日付が事件の勝敗を決するうえで特に重要でもない場合には、それを特定してもらうために、様々な資料を依頼者その他に確認してもらうのは無駄ですので、依頼者らの説明のみに依拠して、厳密に日付を客観的資料等で確認したわけではないという趣旨で「○月○日頃」と主張することで済ませることもあるでしょう。
 その後、相手方、裁判所から日付を特定するよう求められれば、依頼者に資料の確認を求めることになります。


 
池田 毅先生ご回答ありがとうございます。

>ご質問にあるような推測が正しいかも知れませんし

先生が指摘している推測とは私が書いたどの部分でしょうか?

じゃあ、他に一つでも記憶間違いが判明した場合、お前の『記憶による主張』は全部否認させてもらうからな!”
という、退路を断たれないように、わざと「ころ」という表現を使うのでしょうか?

の部分ですか?
訴訟における認否のやり方との関係もあると思います。

たとえば訴状に「○月×日、Aが■■をした。」と書いたときに、そのことは双方知っている前提事項であって、日付自体は重要でないこともあると思います。しかし、何らかの理由で日付がいくらか違っているということも個別事案によってはあり、その場合「否認する。」とだけ答えられてしまいかねません。
そうすると、どこがどう違うのか、なぜ否認するのか、ということをやり合うことになり、本題に入る前に数期日が空転しかねません。
裁判所は、こういう場合、細部までの記憶違いを問題視することもあるでしょうが、裁判所を飛び越えて本題から外れた下らない争いがされていると見ることも多いように思います。

すべてこの理由ではないかもしれませんが、多くの弁護士は、上記のような無駄な揚げ足取りのやり取りを本能的に避けたがるということはあると思います。

sawaimzhgqautwnさん
2015年05月08日 11時41分

みんなの回答

池田 毅
池田 毅 弁護士
ありがとう

2015年05月08日 11時45分

弁護士A
ありがとう

2015年05月08日 12時01分

sawaimzhgqautwn さん (質問者)

2015年05月08日 12時02分

山岸 陽平
山岸 陽平 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 石川県2 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう

2015年05月08日 12時56分

この投稿は、2015年05月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 不当な警告に対し、私も警告文を書きました

    いつもお世話になっております。 私はとある法人から不当な理由に基づく警告を受けたものです。 当警告については、本質問者がした直前の質問に詳細を記述しております。 http://www.bengo4.com/bbs/142128 不当な警告に対して私も反論を込めた警告書を書きました。 今回、その内容を皆様に添削していただきたくお願い申し上げま...

  • 返済期日を定めず貸した金について、別途期日を示したが音沙汰なし。催告書を書きたいがその書き方について

    宜しくお願い致します。 〈状況〉 母が勤めていた会社についてです。 現在、会社が、母に対して借金をしている状態です。 2017年4月に、「借用証」が作られましたが、 そこには返済期日の明記はありませんでした。 それ以降、約半年にわたり返済がまったく無かったので、 2017年10月に会社(社長)宛に催促状(お支払い...

  • 最終準備書面の書き方について

    先日から最終準備書面の書き方について、相談をさせて頂いておりますが、どうしても細かな部分(平成○○年何月に書面が送られて来た)まで書いてしまい、文章がまとまりません。 被告の主張に対して、反論を文章をまとめれば良いのでしょうか? それとも原告の主張と被告の主張を比較し、原告の主張が正しいということをまとめて記載...

  • 他人の発言を経過報告書に記載するのに許可が必要?

    とある企業2社と個人事業主との3者コラボ企画において揉め事が起きたので、状況確認と解決のために話し合いの場を持ちました。 被害を受けた私が経過報告書を作成し、話し合うための準備をしました。 相手方A社の社長、B社の社長代理、そして個人事業主である私とで話し合いました。 結果、 A社が謝罪し対応策を提案。 B社は傍...

  • 準備書面の原告、被告の順

    準備書面の一番上の、 (事件番号) 〇〇事件 原告 あいうえお 被告 かきくけこ を、 (事件番号) 〇〇事件 被告 かきくけこ 原告 あいうえお と記載して提出を続けても、特に問題はないでしょうか。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。