ベストアンサー

販売会社との契約白紙の場合、ユーザーにDMは問題無いでしょうか

ある特殊な商品を開発して販売をしています。販売形態は弊社から仕入れてユーザーに販売し、その差分が利益となる仕組みです。弊社営業担当と相手社長と話をして販売を始めたので、販売契約書は交わしていませんが、支払いに問題があり販売権を白紙にしました。その販社のユーザーに弊社から直接販売をしたいと考えていますが問題無いか相談です。商品のライセンスは弊社にあります。
経緯は以下の通りです。
販社様は全国に20社あります。その一つの販社様で、15年間弊社の商品を販売していた会社が支払いを遅延し、相手社長からの遅延連絡は無いし、電話すると着信拒否です。事務員に厳しく連絡すると電話がある状態です。2度目なので、「支払い計画書を提出して下さい」と伝えた所、相手社長から支払い計画書が送られきました。その時点で分割払いを許可しました。ただし「今回からの注文は支払いが完了するまで納品しない」と連絡したら、既存ユーザーに競合他社の商品を導入しました。
その返済計画も守れず遅延が続き、全額納める最終期日を過ぎた為、直接訪問して、販売契約は白紙と宣言しました。その販売会社で30件のユーザーがあるのですが、販売権を主張しています。発売元の弊社も直接販売のユーザーを全国に多数持っていますので、その30件のユーザーに弊社から直接DM発送などアプローチを掛けて販売しようと考えています。
弊社としましては他社の商品に切り替えられるのを見過ごす訳にはいきません。
販売会社を飛ばしてユーザーに直接アプローチすることに問題はあるのでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。
相談者(338701)からの相談
2015年04月09日 12時02分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
販売会社を飛ばしてユーザーに直接アプローチすることに問題はあるのでしょうか?

販売会社との契約書にもよるでしょうし、一度、弁護士事務所に直接相談されればよいかと思います。
記載を見る限り、継続的契約の信頼関係を破壊したとして契約を解除し、その後、契約に動くという流れになるかと思いますが。

2015年04月09日 12時24分

國安 耕太
國安 耕太 弁護士
ありがとう
相手方が販売権を主張しているとのことですが、これはどういう趣旨でしょうか。
現在、自社(相手方)が販売している会社なので、貴社が営業することは不当である、ということなのでしょうか。
そうであれば、相手方との契約が解除できれば、貴社が営業しても問題は無いように思います。
いずれにしても、一度資料等を持参して直接弁護士に相談してみることをお勧めします。

2015年04月09日 12時55分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
支払を遅延した会社が、既存ユーザーに競合他社の製品を売り込んでいるのであれば、契約を解除した上で、対抗措置として直接販売することは、特段の事情がらない限り問題ないと思います。

2015年04月10日 10時26分

この投稿は、2015年04月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,955名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

弁護士資格を持たない業務委託の法務部員に契約書作成を依頼することや行政書士に契約書の審査を依頼することは非弁行為になるのか【弁護士Q&A】

弁護士資格を持たない業務委託契約の法務部員に契約書の作成を依頼することは非弁行為にあたるのでしょうか。また、行政書士に、契約書の作成ではなく...

企業が秘密保持契約(NDA)を結ぶときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が取引をする際、相手方が取引をする上で知った顧客情報などを第三者に漏らしたりしないよう、秘密保持契約(NDA)を結ぶことが一般的です。この記...

この相談に近い法律相談

  • 供給責任に対する賠償問題について

    私共は製造メーカーで、ある商社に製品を販売しております。その商社からの売掛金が未納の為出荷を停止する旨連絡しました。商社側は販売先(ユーザー)に対し供給義務が有り賠償問題に発展する可能性があると言っています。賠償問題に発展した時に製造メーカーである当社にも責任が発生しますでしょうか? 教えて下さい。因みに当社と...

  • インターネットにおける商品価格について 、独占禁止法に抵触するのでしょうか?

    インターネット通販の商品売価に関する相談です。独占禁止法に抵触しているのかを知りたいです。 (再販価格の拘束について) 当方、小さな会社ですが小売店を営んおり、某インターネットショッピングモールに出店しています。 そこで販売されている商品の何点かを定価から2割ほど値引きして販売しています。そこそこの販売があり...

  • 薄利での販売を要求し、かつ薄利での販売を要求している事を口外しないように制限をかける、製造元会社

    お世話になります。 弊社は本来は製造メーカーですが、今回はメーカーAから、顧客Bに対する販売の仲介を依頼されました。 A社のその商品は、もともと顧客Bがどうしても入手したい商品であった為、A社はB社に見積もりを提示せずに商談を進めておりましたが、見積もり提示段階になって、商流を模索する必要が出てきました。...

  • 詐欺・横領なのでは?方法はありますか?

    Aという会社がB社に営業委託をいています。 B社はそれを契約社員、委託社員を使い営業を行っています。 また、Aの商材を売る為にC社を帳合に使い、C社はC社製品を含め、C社特約店を通じて販売しており、AもBもCルート以外の販売は行えない事になっています。 これを踏まえて、、、。 B社の委託社員XはA社B社に内緒でC社特約店か...

  • 会社法の競合について

    現在、実家の株式会社の役員をしています。 そこでは商品の卸売を会社、商店向けに行っています。 直接、小売りはしておりません。 しかし会社、商店向けだけではなく、直接小売りをしたかったのですが、 インターネット販売の登録時に会社の名前を出さないようにするために、 (会社の名前を出すと会社、商店に取引を停止される...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

契約書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。