ベストアンサー

契約について。契約不履行や損害賠償請求は出来るのでしょうか?

平成25年11月25日~平成26年12月31日まで販売契約をしていましたが一方的に契約解除されました。
契約不履行や損害賠償請求は出来るのでしょうか?

内容は委託営業で利益をA社(業務作業を行う)が35%、私の会社(中間業者)が15%、相手の会社(販売営業)が50%を分配するものでした。ただ現在は売上も上がっていません。現時点でA社と相手会社が直接契約を結び私の会社を外されました。この場合契約不履行に当たるのでしょうか?損害賠償請求は出来るのでしょうか?

契約書は相手会社とは簡素的な物は交わしています。

初めての質問で分かりにくいかも知れませんが何卒お願い致します。

出来れば早い回答をお願いしたいと思います。
相談者(225777)からの相談
2014年01月11日 02時06分

みんなの回答

本橋 一樹 弁護士
ありがとう
まず、当然のことですが貴社と相手方会社との間の契約書において、契約期間内の解約や契約解除条項がどのように定められているかによります。
本件において、契約書上の契約期間内解約の定めや契約解除条項に該当する事実がなく、また、民法上の債務不履行の事実も当方に存在しないのであれば、相手方は一方的に契約解除をすることはできません。
そもそも解除はできないわけですから原契約は生きていることになり、原契約通りの請求を相手方会社にできることになります。
もっとも、相手方会社に債務不履行がある場合には、それによって貴社に損害が発生していれば、もちろん損害賠償請求をすることはできます。

2014年01月11日 02時17分

相談者(225777)
早速のご回答ありがとうございます。
解約や解除については定めていませんでした。元々の知り合いで簡単な内容でした。
今日現在まではまだ相手の会社(個人事業です)はスタートしたばかりで売上もまだ無い状況です。今後26年12月末までの売上の15%を請求すると言うことでしょうか?
何度も申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

2014年01月11日 02時28分

本橋 一樹 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
契約に解除事由が定められておらず、当方に債務不履行もないというのであれば、相手方の行った契約解除の意思表示は効力を生じません。
従って、契約書に定められた通りの権利義務を双方が負ったままと考えてよいです。
もっとも、関係は完全にこじれているので、金銭的な解決をするのが現実的かとは思います。

2014年01月11日 03時43分

相談者(225777)
本当に分かりやすく迅速な回答ありがとうございました。
a社については話し合い、相手に関しては金銭での解決を求めます
。当人同士で話すよりもやはり訴訟の方がいいのでしょうか

2014年01月11日 03時54分

弁護士A
ありがとう
当人同士で話すよりもやはり訴訟の方がいいのでしょうか
@ケースバイケースですが、私なら訴訟にもっていきます。

2014年01月11日 08時49分

相談者(225777)
ありがとうございました。来週3社で話し合いがありますのでその内容で考えたいと思います。ありがとうございました。

2014年01月11日 10時48分

この投稿は、2014年01月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

企業が秘密保持契約(NDA)を結ぶときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が取引をする際、相手方が取引をする上で知った顧客情報などを第三者に漏らしたりしないよう、秘密保持契約(NDA)を結ぶことが一般的です。この記...

弁護士資格を持たない業務委託の法務部員に契約書作成を依頼することや行政書士に契約書の審査を依頼することは非弁行為になるのか【弁護士Q&A】

弁護士資格を持たない業務委託契約の法務部員に契約書の作成を依頼することは非弁行為にあたるのでしょうか。また、行政書士に、契約書の作成ではなく...

面会交流の履行勧告を申し立てられたら面会交流のルール変更は可能?

離婚調停などで面会交流のルールを決めた場合は、原則としてそのルールを守る必要があります。では、やむを得ない事情でルール通りに面会交流が実施で...

この相談に近い法律相談

  • 損害賠償請求が出来ますか。

    当方は相手方より、営業部長職(運送業)を業務委託で受けておりました。 相手方会社より、業績悪化を理由に、9月5日付けで、業務委託契約内容変更のお願いを書面で受理しましたが、内容は現契約の内容を当社に不利益な方向に大幅に変更するもので、当社の利益を大きく害するものであるため到底受け入れられないと回答書を相手方の...

  • 貸金業の無登録営業に該当しますか

    以下の内容について、ご相談させていただきます。 <事実関係> 1 貸金業を営むA社は、平成21年11月に金銭消費貸借契約(契約1)に基づいてB社へ1億円融資した。 2 平成22年5月、A社は貸金業を廃業した。 3 平成24年4月、A社は金銭消費貸借契約(契約2)に基づいてB社に1億円融資した。 4 A社とB社は、資本関...

  • 未払い給与の請求について

    未払い賃金の回収をしたいと考えています。 1.業種   自動車運転代行事業 2.未払い賃金の根拠  労働基準法に基づく、22時以降の深夜手当の支払を求めたい。 3.雇用形態  アルバイト(雇用契約書・労災・雇用保険未加入) 4.勤務実態  週6日勤務で7ヶ月(平成26年5月から11月末) 5.事業所の経緯  平成25年8月より代表者A...

  • 会社破産による未払賃金の回収について

    色々な投稿記事を拝見させていただきました。 皆様のご回答をいただけたらと思い投稿いたしました。 同じ境遇に合われた方、専門家の皆様、ご意見お願いいたします。 勤めている会社の業績が悪く社長の自己破産により倒産させる事を 考慮している旨を社長より相談されました。 そして2年以上前より未払賃金が積み重なり200万ほど...

  • 業務委託の委託解除後のトラブルについて

     昨年11月から、業務委託で仕事をしておりました。 A社B社など間に複数業者が入った末端のC社の社長と契約を結び 軽貨物にてルート配送の仕事に従事しておりました。 契約書には1年契約、申し出がない場合自動更新。辞める場合は3か月前までに申し出る。 という条件が付いておりました。 しかしC社の社長と支払いにてトラブルが...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

契約書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。