契約書に署名捺印するにあたり

売掛金を回収するため、債務者と消費貸借契約をしたのですが、その中に、弁済期日の利益を失い、債権者からの催告を要せず全額弁済しなければならない。との項目があり、「支払いの停止、差押え、仮差押えされた場合」等があり、今回支払い督促をしたのですが、支払いがなかった時の為に財産を調べたところ、契約書に署名捺印する前に仮差押え処分を受けており、契約書をこちらに渡す前に2件の差押え処分を受けていたことがわかりました。契約書の内容は確認してから署名捺印しているのに、既に差押え処分等受けている事を申告せず、さも契約書を交わし支払いを約束する素振りをみせ、実際には一円も弁済しないというのは罪にならないのでしょうか?
2012年11月21日 19時45分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
明らかに弁済する意思が無ければ、詐欺です。
ただ、実際には、なかなかその点を立証するのは、難しいです。

あなたのご記載の「相手が差押えを受けている」ということは、支払い意思の無かったと推認される一要素ではあります。

2012年11月21日 20時04分

相談者
1週間の予定で宿泊し、荷物を置いたまま料金も払わず連絡もせず海外に渡航してしまった人です。個人の所有物ですので勝手に処分もできず、やっと連絡がついた際に宿泊延長の依頼で料金が増大しました。荷物を引き上げた後支払額が多額なので消費貸借契約に切り替えた次第です。

2012年11月21日 20時22分

相談者
補足ですが、連絡がついたというのは、相手の携帯電話も解約され連絡先も不明な状態でしたが、ビザの関係でいずれは帰国すると想定し、張り込みをして身柄を確保しました。はじめから支払いをするつもりがあったとは考えにくいのですが。このような場合でも罪には問えないのでしょうか?

2012年11月21日 21時02分

この投稿は、2012年11月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

弁護士資格を持たない業務委託の法務部員に契約書作成を依頼することや行政書士に契約書の審査を依頼することは非弁行為になるのか【弁護士Q&A】

弁護士資格を持たない業務委託契約の法務部員に契約書の作成を依頼することは非弁行為にあたるのでしょうか。また、行政書士に、契約書の作成ではなく...

企業が秘密保持契約(NDA)を結ぶときの注意点とは【弁護士Q&A】

会社が取引をする際、相手方が取引をする上で知った顧客情報などを第三者に漏らしたりしないよう、秘密保持契約(NDA)を結ぶことが一般的です。この記...

【相続】署名捺印がない、訂正部分がおかしい…そんな遺言書は有効?

亡くなった人の遺言書が見つかったけれど、本人の署名捺印がなかった場合、有効な遺言書として扱えるのでしょうか。こういった疑問について「[みんなの...

財産を隠されたとき・隠されないための対処法

離婚の協議に入り、財産分与について考える中で、相手に財産を隠されていないか不安になることもあるでしょう。ここでは、財産隠しによく用いられる方...

この相談に近い法律相談

  • 【仮差押】第三債務者の陳述書の書き方

    仮差押の第三債務者として通知が届きました。 当社との契約顧客が債務者です。 通知が届いたときは売上金は債務者に支払い済みでした。 次回の締めがくるまでは金額が確定しないですし、債権(支払うべき金額が)が発生するのかも現時点では 不明です。 上記の場合でも「債権のの存否」は【ある】となるのでしょうか?

  • 個人事業主と法人との債権回収について

    法人(弊社)と個人事業主(Aさん)との間で、契約書を交わしました。ただ、Aさんはサイン、印鑑は押したものの、最終的な契約書の受け取りは拒否(配達証明で2度送りましたが)。 その後、Aさんへ請求書を数度送っても、支払いがされていません。 そこで質問です。 1.Aさんの自宅登記を調べたら、以前、差し押さえが入って...

  • 支払督促について質問です

    8年前に仕事の都合で、支払いを滞ってしまい、その後一度も支払いをしていないまま、昨日その債権を譲渡した会社から、支払督促が裁判所より届きました。 時効の援用を行いたく思っていますが、同封されていた 督促異議申立書には記載する場所もなく、下のほうに異議申し立てがある場合は別紙を添付して割り印を押してください。 ...

  • 債務承認弁済契約後一度も支払いがない場合の回収方法について

    法人に建物を賃貸していました。賃料の滞納があり、契約は解除しました。建物の明け渡しは完了しています。しかし、未払賃料を請求しましたが、支払ってくれませんでしたので、支払督促→仮宣言の申立を経て債権の差押(預金)をしました。この時少し回収できましたので、未払賃料に充当しました。 その後分割で支払うということで、債...

  • 先取特権に基づき給料の未払い金の回収について

    給料の一部未払い金の回収を考えています。何度も催告しましたが、3ヶ月経ちました。残り3分の1ですが、業者への支払いや他の債権者への支払いが優先されているようです。手続きとしては、債務が存在する確認書、支払い期限を決め公正証書を作成 (執行認諾約款)すればいいのでしょうか? それとも、内容証明で先取特権に基づき、残...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

契約書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。