1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 他社との取引や契約
  4. 業務委託契約書 途中解約について

公開日:

業務委託契約書 途中解約について

2020年02月14日
弊社(代理店)と取引先(クライアント)で業務委託契約書の締結を進めております。
取引先=委託者 弊社=受託者

契約書内の途中解約条項に関してお伺いしたく存じます。
現在の流れとしまして、
1.先方雛型の契約書で締結予定
2.元々先方からのみ途中解約ができるという内容であったため、双方から解約できるように変更依頼
3.先方より「民法上、受託者から途中解約ができるという権利は認められていない
 双方にしたい場合は受託者から解約を申し込むこと発生する具体的な事例を提示してほしい」と返信
といった状況です。

そこでお伺いしたいのですが、
・弊社としては万が一を考慮し、双方より解約できるようにしたいのですが、
 受託者側から解約をする権利はないのでしょうか?
・想定できる受託者側からの解約事例等あればご教示いただきたく存じます。

ご確認よろしくお願いいたします。
相談者(893002)の相談

みんなの回答

早川 哲弘
早川 哲弘 弁護士
ありがとう
委任契約は、現行の民法でも、本年4月から施行される新民法でも、「各当事者がいつでもその解除をすることができる」(新民法651条1項)とされていますので、当然、受託者からも途中解約ができます。

受託者側からの解約は、民法上、いつでも自由にできますので、解約の理由として、受託がペイしなかったというのでも構いませんし、委託者が信用できなくなったからというのでも構いません。ただし、損害賠償の問題は発生し得ます。

2020年02月14日 16時12分

この投稿は、2020年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

下請業者に対する対応で法的に注意すること|納品の時間指定や注文のキャンセル事例をもとに解説【弁護士Q&A】

発注している立場であること背景に下請業者に対して理不尽な要求をしたりすることは下請法違反に問われる可能性があります。この記事では、納品物の受...

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

弁護士資格を持たない業務委託の法務部員に契約書作成を依頼することや行政書士に契約書の審査を依頼することは非弁行為になるのか【弁護士Q&A】

弁護士資格を持たない業務委託契約の法務部員に契約書の作成を依頼することは非弁行為にあたるのでしょうか。また、行政書士に、契約書の作成ではなく...

契約社員が途中退職するとき会社に違約金支払う必要ある?【弁護士Q&A】

契約期間が決まっている契約社員が、契約期間中に退職することはできるのでしょうか。契約期間中に退職することを理由に、会社から違約金などを請求さ...

この相談に近い法律相談

  • 契約解除

    当方個人事業と相手方(B社とします)の間で建設業に関しての注文書の契約を交わしました。 契約期間はH24年4月1日からH25年3月31日までです。 最近、B社に仕事を発注している会社(A社)からB社に対して契約解除の話があったようで、(理由はA社から、秋から始まる予定の業務発注が遅れているとの連絡があったとのこと)そ...

  • 取次店(販売店)トラブル

    販売店短期解約手数料請求について 取次契約を締結している、販売パートナーに対し、 短期解約物件の支払手数料の返金を求めておりますが、 納得されず、提供元に直接問合せをされている状況です。 提供元より、問合せされている取次店に対し、不正取得を示唆され、他物件も全て精査する状況になっており、精査に費やす時間、労力...

  • 準委任契約による客先常駐(1人)について

    発注元(A社)に常駐しながらシステム開発を行う予定ですが、  発注元(A社) <---派遣契約---> 発注先(B社1名) <---準委任契約---> 弊社(C社1名) と言った場合、以下の点について質問がございます。 1.「準委任契約で1人はNG」とよく聞きますが、現場の管理責任者がB社の人で弊社が作業者となるので...

  • 代理店契約のクーリングオフは可能か?

    弊社(私)と顧客(個人)が販売代理店契約(コンサルタント込み)を締結した。 手付けで5万円を頂きました。 契約締結から6日後に契約をクーリングオフしたいと連絡がありました。 さらに手付けの5万円の返還を要求してきました。 弊社は契約締結から既にサポートを初めています。 残金の支払いはいいですよ。 と話したら...

  • 消費者との返金トラブル

    現在、私(個人事業者)の行うコンサルティング契約において消費者(会社員)と返金について電話勧誘で契約書交付していないため返金の依頼が司法書士を通し通知がありました。 契約内容としては、 ・1日コンサルティング ・3ヶ月コンサルティング 情報発信を行う友人より紹介を受け消費者と繋がり、まずは1日コンサルティング...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

他社との取引や契約の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。