1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 他社との取引や契約
  4. 政治団体の医師政治連盟から寄付を求められています。

公開日:

政治団体の医師政治連盟から寄付を求められています。

2018年02月14日
ベストアンサー
社会福祉法人の事務をしております。例年、法人所属の診療所が医師政治連盟から会費の支払いを求められてきました。

政治資金規正法 第五条2項によれば、会費は、寄附とみなすとあるので、
第二十二条の三 により国から補助金を受けている当法人は会費は払えませんと伝えたころ、
これは医師会に入ったときにDr.も納得していることだ、Dr.に払ってもらいたい、と言われました。

1、この件では医師に支払ってもらっても結局同額を法人から補償することになりそうです。
これは脱法行為に思えるのですが問題ないのですか?

2、(法人からの補償はしない場合)、法人所属の医師が、法人での業務を行うために医師会に入ったのに、そのために個人的に政治団体に会費を払わなければならないとしたら何か釈然としない気がするのですが、このようにすれば、法的には問題なくなると考えてよいのでしょうか?
相談者(632912)の相談

みんなの回答

菅 一雄
菅 一雄 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 1、この件では医師に支払ってもらっても結局同額を法人から補償することになりそうです。
> これは脱法行為に思えるのですが問題ないのですか?

法人から医師への補償義務はありません。あえて補償すれば、実質的な法人からの寄付(脱法行為)とみられるおそれはあるでしょう。

> 2、(法人からの補償はしない場合)、法人所属の医師が、法人での業務を行うために医師会に入ったのに、そのために個人的に政治団体に会費を払わなければならないとしたら何か釈然としない気がするのですが、このようにすれば、法的には問題なくなると考えてよいのでしょうか?

同じではありませんが若干似たケースで、強制加入団体における政治献金目的の特別会費徴収決議を無効とした南九州税理士会事件最高裁判決があります。
日本医師連盟側の建前としては、医師会は任意加入団体で、医師には医師会に加入するか否かの自由があるし、医師会への加入を検討する際に日本医師連盟への同時加入も含めて検討できる。その検討の上で納得して、任意に(医師会及び)日本医師連盟に加入したのだから日本医師連盟への会費納入義務はある、(強制加入の税理士会とは異なる)、という理屈なのでしょう。
しかし、この理屈に釈然としないという感覚にも一理あると私は感じます。実際には、日本医師連盟への会費納入を拒否している医師もいて、会費納入率は決して高くないようです。

いずれにせよ、法人が医師連盟会費を補償しないことで、法人が責められるいわれはないでしょう。

2018年02月15日 00時02分

相談者(632912)
丁寧な説明ありがとうございました。非常に助かりました。

2018年02月20日 14時35分

この投稿は、2018年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

下請業者に対する対応で法的に注意すること|納品の時間指定や注文のキャンセル事例をもとに解説【弁護士Q&A】

発注している立場であること背景に下請業者に対して理不尽な要求をしたりすることは下請法違反に問われる可能性があります。この記事では、納品物の受...

この相談に近い法律相談

  • 政治資金規制の解釈を教えて下さい。21条の3です。

    個人のする政治活動に関する寄附で政党及び政治資金団体以外の者に対してされるものは、各年中において、千万円を超えることができない。 これはどうゆう意味を言うのですか?個人のする政治活動と団体がする政治活動ってあるんですか?

  • 国家公務員の政治的行為の制限について

     国家公務員の政治的行為の制限について、国家公務員の中でも内閣官房副長官や内閣法制局長官、有力官庁の事務次官等になると政治家との関わりも必然的に増えてくると思いますが、政府(政権与党)の意向に沿うような形で通常業務を行うことが「政党又は政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法を...

  • 外国籍医師の不法医療について

    外国籍で、海外の大学で医師免許を取得し、日本での医師資格はないのに、医師と名乗って医療行為を行った場合、通常の日本人医師と同じような懲罰になるのですか。 日本人だったら医業停止期間があっても、外国籍の場合は、罰金さえ支払えば、国に戻ってすぐに医師として仕事ができるのでしょうか。

  • 大学医学部の寄附講座と医師派遣

    全国の大学医学部の特に地方にある所に『寄附講座』なるものが多く出来ております。 県などの行政組織が、大学医学部へ「寄附」金の支払いを行い、寄附講座が医師を募集して県内の病院へ医師を派遣することによって、医師不足の地域へ医師を確保するというものです。 名目上は「地域医療の研究」のため「寄付」を行うといううわべを装...

  • 地方公共団体/自治体を取り締まる法律ってありますか

    当たり前な質問なのかもしれませんが。 地方自治体や公共団体などが都民・市民に発令する条例はありますが、その条例自身で、地方自治体・公共団体の職員の行為等に関しても同様に取り締まることができるものでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

他社との取引や契約の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。