公開日:

取引先の商品引取トラブル

2011年12月19日

弊社は下着の製造卸業です。
取引先様のブランドの商品の受注を受け、生産を請け負っております。
中国の協力工場にて生産し、お客様倉庫に直送納品いたします。
2011.4.14に契約書を作成し、4.22に取引先(A社)からサイン返信をいただいております。
A商品群(8100枚) ・B商品群(140000枚)・C商品群(65200枚)・D商品群(105600枚) 、合計49,684,000円の受注です。
ところが、5月に入り、D商品群はA社の顧客からキャンセルされたと連絡があり、生産の保留の連絡が入った。 また、B商品群の納期を遅らすよう連絡が入った。
A社6月になっても、7月になってもなかなか生産の方向に指示を出さず、生産の保留の状態を続けるという全く誠意のない対応が続いた。 
弊社は9月に内容証明郵便にて、A社に引取の催促をした。
しかしA社対応は電話で、どなり声であったが、引き取る約束はした(録音記録有り)。 しかし引取について書面にての返答はなかった。
内容証明送付以降A社への納品がやっと始まり、現在までA商品群(3200枚) ・B商品群(97600枚) ・C商品群(22800枚)・D商品群(0枚) を納品した。
しかし、下記問題が発生した。A商品群を11月16日に納品した。しかし28日弊社のほうで、色落ち不良が発覚した。弊社は即A社に連絡し、出荷した商品の小売店からの全回収をお願いし、全て、弊社に返品するよう、要請した。A社は商品2623枚を29日に弊社に向け返品した。 577枚が未回収でした。(今現在返却はない。)
B商品群(42400枚) ・C商品群(42400枚)・D商品群(105600枚) 合計190400枚(約27,230,000円」)の引取はもうしない。と告げてきた。
その他弊社は$50000を中国工場に前払済みです。また1月に$30000を前払いたします。
工場も協力してくれていますが、5%金利の請求と倉庫代の請求を弊社にしたいと言っています。
A社はこれらの商品をこちらにかぶせるだけではなく、A商品群の不良の件について、弁護士と相談している記しています。
この問題をどのように解決していけばよいでしょうか? 
相談者(320742)の相談

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1
ありがとう
中国の工場との契約は解約することとして、すでに製作ずみの製品は引き取ってA社に納品し、その代金を請求することになります。納入しないままになる製品の代金はあきらめるしかないでしょう。細かい点については、契約書に記載があればその内容にしたがって処理することになるでしょう。

2011年12月25日 23時05分

この投稿は、2011年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

下請業者に対する対応で法的に注意すること|納品の時間指定や注文のキャンセル事例をもとに解説【弁護士Q&A】

発注している立場であること背景に下請業者に対して理不尽な要求をしたりすることは下請法違反に問われる可能性があります。この記事では、納品物の受...

この相談に近い法律相談

  • 受注生産製品のキャンセルに関する相談です

    弊社は海外製品を調達して国内販売をおこなっている商社です。 この度、弊社取引先より注文を頂いて海外商社に受注生産品の発注をしておりましたが、 その取引先より注文済みの製品のキャンセル要求がありました。 既に注文を頂いているので海外商社へも発注済みでその先の工場へも商社から発注が済んでおります。 当然、受...

  • 商品購入者より営業妨害を受けています。

    弊社は製造メーカーで、弊社商品を購入した顧客より営業妨害を受けています。商品代金を返金することで、メーカーと顧客の関係を断ち切ればその顧客とは法律的に無関係になれるでしょうか?当社の製品は数1000台販売していますが、その顧客のみが製品の性能に不満を言われ製品内部の設計情報や測定データを開示しろ迫ってくるので、弊社...

  • フランチャイズ店 在庫棚卸について

    某衣料関係業者のフランチャイズ加盟でお店を経営しております。3ヶ月に一度 年に4回棚卸が行われるのですが、前回の棚卸結果にて、在庫が12万円の逆ロス(実際の帳簿上在庫金額より多い)という結果となりました。担当SVより「通常プラスになることは考えられず、万引き等で必ずマイナスになるはずです。結果はプラスですが、次回の棚卸...

  • 贈答品、送り主のプライバシー問題

    ネットショップを営んでおります。 贈答品の注文が入り、受取人様より、送り主が、いつごろ注文をしたのか、教えてほしいとの要望が。 これは、送り主のプライバシー問題、個人情報開示になると思うのですが、受取人様にはどのような対応をすればよいのでしょうか。

  • 契約書締結日記載漏れに法的問題は?

    販売代理店をしております。 販売代理店と仕入れメーカーとの新規基本契約書に記載する「締結日」について、口頭では締結日を決めていましたが、契約書の締結日の欄に記載を忘れていたため、後日メーカーに確認を行い記載しました。 口頭で日付等を決めれば、「締結日(契約日)」になり、契約書は後記載でも問題ないという認識もあり...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

弁護士検索へのリンク

他社との取引や契約の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。