1. 弁護士ドットコム
  2. 企業法務
  3. 他社との取引や契約
  4. 「合併消滅会社の取引先への対応について」

公開日:

「合併消滅会社の取引先への対応について」

2014年06月24日
グループ会社の子会社同士の合併で、消滅会社の取引先への対応についての質問です。

合併広告を官報に掲載して、債権者に対しては「催告書」を送付すればよいと聞きましたが、売買契約などを結んでいる取引先に対しても、同様の「催告書」でも良いのでしょうか?

違う形式の通知が必要な場合、記載する内容はどのような項目が必要なのでしょうか?

よろしくお願いします。
相談者(262170)の相談

みんなの回答

西口 竜司
西口 竜司 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
キヨポンさん
回答させて頂きます。
売買契約の相手方も知れたる債権者にあたりますので
同じように催告をして下さい。

2014年06月24日 10時32分

この投稿は、2014年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

下請業者に対する対応で法的に注意すること|納品の時間指定や注文のキャンセル事例をもとに解説【弁護士Q&A】

発注している立場であること背景に下請業者に対して理不尽な要求をしたりすることは下請法違反に問われる可能性があります。この記事では、納品物の受...

取引先でセクハラの被害を受けたときの対処法|被害回復の手段を詳しく解説

取引先からセクハラ被害を受けた場合、加害者や取引先に損害賠償を求めることができるし、セクハラの内容によっては、加害者に刑事罰を求めることもで...

この相談に近い法律相談

  • 合併催告書送付先住所について

    合併催告書の送付先住所についてお聞きします。 当社(子会社)は100%出資の親会社と合併を考えております。 合併の方法は、親会社は簡易合併、子会社は略式合併とする予定です。 当社は公告の方法を官報としているため、債権者に対する個別催告書の送付が必要ですが、 送付先の住所は、 ①本社住所に送付する ②取引している営...

  • 弊社よりお取引先に契約解除通知後の著作権について

    お取引先様よりホームページ運用に関する業務委託契約を結んでおりましたが、お取引先の原因により契約上履行する事が出来ない事態が生じ、契約解除通知後を弊社より送信致しました。 その後契約は解除されましたが、ホームページは弊社で制作しており、使用を認めない旨の通知を出したいと思っておりますが、契約解除通知後を弊社から...

  • 契約書の事前通知について

    契約書の事前通知について下記の通り、定めました。 相手は2社会社を経営しており、当社が取引してる会社を計画倒産させて、 別会社で事業を継続した場合、当社の債権は継続されるのでしょうか。 宜しくお願いします。 -------------------- 第○○条 甲及び乙において、次の一つに該当する事由が生じる場合、事前に相手方に 通知...

  • 知的財産の侵害、機密保持契約違反で告発されそうになっています。事実無根です

    私は、システム開発に従事しているエンジニアです。 先日、私が以前に就業していた会社から 「貴殿が弊社と結んだ機密保持契約に違反する行為を行っており、弊社の利益を侵害しているため、貴殿に存在の賠償を請求する。  応じられない場合には刑事民事の告発を持って対応する」 という旨の内容証明が送られてきました。 また...

  • 顧問契約締結時の契約書書式とその取扱いについて

    個人向け金融コンサルティング会社の設立を予定しておりますが、当社と顧客間で顧問契約を結ぶ必要がございます。 その『顧問契約書』に記載する必要事項にはどのようなものがあるでしょうか。 独学では、 ①委任業務の範囲②契約の期間③報酬の額④資料の作成・提示 ⑤秘密の保持⑥契約解除⑦情報の開示と説明及び責任。 が必要ではない...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

他社との取引や契約の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。