ホームページ制作費用の返金請求。弁護士に代理して貰い内容証明などを送って徹底抗戦できるでしょうか。

公開日: 相談日:2013年12月30日
  • 2弁護士
  • 2回答

経緯 ホームページ制作を依頼(一括入金) → メールだけのやり取り → 契約書を送付(署名のみ) → 契約書の記載ミスがあるとメール受け → 相手方にどこに押印をしたらいいのか返送請求 → 結果として来ない → 納品を2014年1月末までとしているのだが、ずっと返事がない → 間に合いそうにないので解約を申し出る → 半額返金 → 相手の言い分は返金条項は決済(最初に入金が前提条件だった)した時に発生とのこと

ラフを含めて全く納品されておらず、相手は間に合うというのですが信頼が失われた状況で、依頼継続はできないと判断をしました。
この場合、弁護士に代理して貰い内容証明などを送って徹底抗戦できるでしょうか。
金額は25万円が戻ってきていません。
なお、私は個人で相手は法人です。

223612さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    弁護士に代理して貰い内容証明などを送って徹底抗戦できるでしょうか。

    それは構わないと思います。
    その契約内容,相手とのやり取り,経緯等,弁護士に詳細検討してもらって返金してもらえる構成を考えてもらってください。
    返金金額が25万ですので,返金の見込み,費用対効果も検討されてください。

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    >弁護士に代理して貰い内容証明などを送って徹底抗戦できるでしょうか。

    徹底抗戦はできますが、弁護士に依頼すると、弁護士費用が相当程度かかって、25万円全額が丸々戻ってくることはないといえます(通常弁護士費用は相手に請求できません)。

    ご自分で簡易裁判所に訴訟提起し、請求していく方法を検討されてはいかがでしょうか。

この投稿は、2013年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「他社との取引や契約」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから