特定商取引法(訪問販売)不実の告知による契約解除

会場を借りて体験型の健康機器の販売で契約をした。契約後、不実の告知を知り、契約解除を内容証明で相手方に送付したが返答がない。どうすればいいのか?
相談者(146043)からの相談
2012年10月22日 20時49分

みんなの回答

北山 祐記
北山 祐記 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
代金はもう払っているのですか?
払っていないなら、商品を受け取っていないなら放置すれば良いでしょう。
代金を払っているのなら、返還請求を。また、商品を受け取っているなら、商品を返還しましょう。

2012年10月22日 22時42分

相談者(146043)
ご回答有難う御座いました。契約書にはどこにも農協との契約もなく、販売から商品代金収受、納品まで別業者が行なっており、実質的な販売業者としてこの業者へ契約解除通知書を送付したが農協に申し込みを行い購入されているので弊社では契約の解除はできません。尚、農協は特定商取引法第26条1項4号により適用除外となっていると返答しました。契約書のどこにも農協との契約はありません。9月の上旬に再度実質的な販売業者に送付した契約解除通知書の回答も1ヶ月以上過ぎた今もきません。契約書には農協もその業者も明記はありません。そもそも契約書ではなく、申込書のみです。どこを相手方として契約解除通知書を出せばよいのでしょうか?農協は特定商取引法第26条1項4号により適用除外となっているなら契約解除は無効なのでしょうか?商品代金支払い済みです。商品は新品同様の状態です。商品を送り返す先は農協なのでしょうか?実質的な販売業者なのでしょうか?着払いでいいのでしょうか?よろしくお願いします。

2012年10月23日 07時21分

北山 祐記
北山 祐記 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
特定商取引法26条1項4号イでは、確かに「農協」が販売した場合には、特定商取引法の適用なしと規定されていますね。
そうなると、販売業者が農協なのか、その業者なのか、という評価をしないと対応策を検討できないことになります(不実告知に該当するか否かの評価も必要)。
その評価のためには、あなたや当該農協から詳細なヒアリングをする必要がありますから、資料一式を持って弁護士会の法律相談をお受けください。
個人的には農協と話し合って(法律論を戦わせるのではなく)円満に解決するのが良いかと思います。逆に戦うなら、代金額によっては、訴訟で解決する必要があるでしょう。

2012年10月23日 10時37分

相談者(146043)
ご回答有難う御座いました。既に農協とは一度訴訟をしたのですが、不実の告知をわかりづらい内容で表現してしまって不実の告知が相手方に伝わらず、訴訟取り下げとなってしまいました。相手方がどちらかはっきりしているところは領収書が農協できられている点です。相手方を農協とし不実の告知で再度訴訟するのは妥当なのでしょうか?消費者契約法上の時効5年、特定商取引法上の時効も気になります。内容証明から再度訴えていくのが妥当なのでしょうか?

2012年10月23日 13時06分

北山 祐記
北山 祐記 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
過去に、訴訟を起こして取り下げていたのなら、同一の訴訟物で訴訟を起こすことはできません。

2012年10月23日 13時40分

相談者(146043)
ご回答有難う御座いました。消費者契約法での時効5年も過ぎていますし、特定商取引法の時効も過ぎているでしょう。それに農協は特定商取引法に縛られないとのことですので、また、同一訴訟は2度出来ないとのことですので状況は非常に厳しいですね。商品代金も数十万円なのでなんとかして返還したかったですが、返還理由が不実の告知のみなので泣き寝入りするしかないですね。非常に残念です。相談に乗っていただき大変感謝しております。有難う御座いました。

2012年10月23日 17時57分

この投稿は、2012年10月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

下請業者に対する対応で法的に注意すること|納品の時間指定や注文のキャンセル事例をもとに解説【弁護士Q&A】

発注している立場であること背景に下請業者に対して理不尽な要求をしたりすることは下請法違反に問われる可能性があります。この記事では、納品物の受...

この相談に近い法律相談

  • 「契約上の義務違反における重過失について」

    当社は、メーカーです。売主として、化学品を製造販売するにあたって、他社と売買契約書の締結を予定しております。契約書の中に、①売主の損害賠償責任の上限を設ける規定、及び②売主の故意又は重過失による契約上の義務違反の場合には上限規定を適用しない旨の規定があります。そこで質問なのですが、重過失による契約上の義務違反とは...

  • サブリース契約の途中解約について

    私は大田区内に所有するマンションを、投資用として賃貸運用しておりますが、空室リスクを避ける為に、購入当時から不動産管理会社とサブリース契約(借上げ家賃保証)を交わしております。 この度、そのマンションを売却する運びとなり、買主から「サブリース契約は引き継がない」との購入条件を受け、サブリース契約の途中解約を不...

  • 手付放棄による解約の可否について

    不動産の手付放棄による契約の解除に関する質問です。 先日仲介業者を通して土地の売買契約を結びましたが、自己都合により、手付放棄による解除をすることとなりました。しかし、仲介業者側との仲介手数料の支払いで折り合いがつかず、仲介業者は仲介料を全額払わなければ業務として手付の解除は行えないと主張しています。 この...

  • 車の売買契約について!(解除)

    売買契約書を業者側がバッテン印を書いただけで無効(契約解除)になるものか? この度、契約について合意解除に至ったわけですが、解除要領に疑問が残ります! 契約書の控えを返納し、目の前でバッテン印を書いてそれで終わりでした! そんなもんなのですか? 先生方、お知恵をお貸しください!

  • 不動産売買の契約書と効力等について教えてください

    不動産を2物件(隣接)所有し売却のため話を進めています。 1物件は建物を家の負担で解体、売買契約(諸手続き、精算)済です。 もう1物件は建物ごとこれから販売する予定。 販売予定物件を確認しに行った所、解体した隣との境の壁が2面無くなっていました。 ここは補修した方が良いので見積りしてくれると仲介者に言われま...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

他社との取引や契約の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。