取引先の態度は訴えられないでしょうか?

公開日: 相談日:2021年09月06日
  • 1弁護士
  • 3回答

【相談の背景】
会社Cに勤める従業員Aのミス(日常普通に業務を行い、起こる可能性のあるミス)に、取引先Bが腹をたて、会社Cに対し、何も損害はでていないし、通常、損害に影響しないミスなのに、取引を減らす、以後価格を下げて取引を行う、と取引の条件を要求してきました。
それにより、会社Cは多額の損害(今後貰えなくなる利益)を、従業員Aに請求しました。
この場合の質問です。

【質問1】
この損害賠償請求には応じないといけませんか?

【質問2】
取引先の態度は、独占禁止法や、公序良俗違反に該当しませんか?

1061819さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    >会社Cは多額の損害(今後貰えなくなる利益)を、従業員Aに請求
    >この損害賠償請求には応じないといけませんか?

    →応じる必要はないでしょう。


    >取引先B
    >会社Cに対し・・・取引の条件を要求
    >取引先の態度は、独占禁止法や、公序良俗違反に該当しませんか?

    →まず、公序良俗違反には当たりません。

    次に、下請法違反となる可能性はありますが、対象となる取引に該当するか、ご相談事項のみでは明らかではありません。

    下請法違反となる取引でなくとも、独占禁止法違反(優越的地位の濫用等)となる可能性はありますが、より具体的事実関係次第です。

    ご相談者が従業員A(あるいは会社Cの関係者)の立場であれば、具体的資料をもって弁護士に相談することもご検討下さい。

    ご参考になれば幸いです。

  • 相談者 1061819さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。

    質問ですが、応じなくてよい理由はなんでしょうか?
    法律的に根拠はありますか?
    これからのためにも知っておきたいのでお忙しいと思いますが宜しくお願いします。

  • タッチして回答を見る

    >応じなくてよい理由はなんでしょうか?
    >法律的に根拠はありますか?

    →損害賠償請求が認められるためには、
    ①(ご相談者の)契約違反/不法行為
    ②(会社Aの)損害の発生
    ③①と②の間の因果関係
    が必要です。

    ご相談のケースでは、
    ①がない(仕事上のミスがあっても、故意/重過失がなければ、それが雇用契約上の債務不履行や、会社Aに対する不法行為とは考えにくい)
    と思われるからです。

  • 相談者 1061819さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。

    度々すみませんがお願いします。
    故意と重過失はどちらも必要な条件ですか?
    故意は、未必の故意もはいりますか?

  • タッチして回答を見る

    >故意と重過失はどちらも必要な条件ですか?

    →どちらか一方で足ります。


    >故意は、未必の故意もはいりますか?

    →未必の故意は刑事上の概念で、民事責任には登場しませんが、未必の故意(結果が発生しても構わないと思う心理状態)があるときは、重過失が認められるでしょう。


    良い解決を祈念しております。

この投稿は、2021年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから