請求書に記載ある屋号や押印が現在のものと違うまま使用されている状況について

公開日: 相談日:2021年04月26日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
長年、口頭での契約でお仕事を依頼していた業者がいます。
このたび、少し揉めることになり、内容証明を送りました。
ですが、請求書への記載ある住所へ送ったところ、住んでいる住民から「ここにはいない」との理由で受け取り拒否をされて戻ってまいりました。

個人商店みたいなところなので、法人登記はしていないようなのですが、郵便受けには、請求書に記載ある屋号ではなく、昔の屋号が、住んでいる住民の名字とともに、記載されていました。

請求書の押印もまた、現在の屋号と異なり、郵便受けに記載ある昔の屋号の判が押されています。

なお、請求書に記載ある屋号は現在の屋号で、記載されている振込先は、その住んでいる住民の名前の口座になっています。

今回、依頼していた仕事を色々な理由をつけて延期されてきており、先に大きなお金を支払っているだけに、未完成の仕事については、その分を返金してもらいたいと思っています。
住んでいる住民も、契約の際に、横から色々と口出ししてきており、弊社の代表も話をしているため、無関係ではないように思います。

【質問1】
この場合、屋号が現在の屋号とことなり、且つ、請求書にも名前は現在の屋号なのに押印が昔の屋号だったとしたら、何か契約上違反になりますか?

【質問2】
仮差押えをする場合、その「住んでいる住民」の名前が記載された口座を仮差押えすることは可能でしょうか?

【質問3】
その業者の代表者が請求書に記載ある住所地をただの名目上、住所を使っているだけだった場合、何か違法になりますか?

【質問4】
その代表者の住所地を調べたいのですが、こうした契約不履行などが明らかな場合、市役所で私たちのような利害関係はあれども他人が請求することは可能でしょうか?

1021230さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    この場合、屋号が現在の屋号とことなり、且つ、請求書にも名前は現在の屋号なのに押印が昔の屋号だったとしたら、何か契約上違反になりますか?

    当事者の同一性が確認できれば問題ありません。
    同一性が確認できなければ契約が及ばない危険があります。

    【質問2】
    仮差押えをする場合、その「住んでいる住民」の名前が記載された口座を仮差押えすることは可能でしょうか?

    いいえ。
    差押えの相手の名称である必要があります。


    【質問3】
    その業者の代表者が請求書に記載ある住所地をただの名目上、住所を使っているだけだった場合、何か違法になりますか?

    基本的にはありません。
    その事業に関連する法規によります。
    また、詐欺などを推測させる一因になることもあります。

    【質問4】
    その代表者の住所地を調べたいのですが、こうした契約不履行などが明らかな場合、市役所で私たちのような利害関係はあれども他人が請求することは可能でしょうか?

    可能ですが、相手との関係を示すものとして、契約書の体裁など次第では開示してくれないこともあります。地域の市町村次第のところもあるようです。

  • 相談者 1021230さん

    タッチして回答を見る

    岡田 朝晃先生

    全てに対しての丁寧なご回答をくださり、ありがとうございます。
    なかなか難しそうだと思いましたが、市区町村の担当者は資料を見てご判断くださるとの話をしてくださりました。

    ご回答、心強く思います。
    ありがとうございました。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「他社との取引や契約」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから