新型コロナウイルス感染したという嘘をつく業者について

公開日: 相談日:2021年04月20日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
新型コロナウイルスに感染したために療養することになった、との理由で、契約していた工期を2週間延ばすよう求めてきた業者がいます。
その業者は請負で、弊社が施主です。

このご時世ですので、皆が新型コロナで大変な時でありますので、そういう理由であれば、と認めました。

ですが、結果的には、新型コロナに感染などもしておらず、よその仕事を優先していたようです。

その業者に、療養証明の提出を求めたところ、「個人情報だから証明を出せない、と役所に言われた」との回答がありました。

事前に役所に確認していた内容では、必ず療養証明を療養が終わる際には手渡す決まりになっているとのことでした。

私個人としては、この業者が、みんなが大変な時期に、新型コロナであると嘘をつき、契約を延長させたばかりか、その間、よそで仕事に出かけていたことや弊社の仕事をおざなりにしていたことについて、強く憤りを覚えています。

【質問1】
この業者が新型コロナウイルスに感染していなかった場合、どういた罪に問えますか?このまま許したくはありません。

【質問2】
この業者の言うように、療養証明を出せないと役所が本当に言ったとは思えません。嘘を重ねる業者に対して、対抗手段はありますでしょうか?

【質問3】
この業者は、請求書についても、内容が大雑把で、なんでもかんでも「一式」として寄越してきます。弊社として、一式とある内容については、すべて事細かに明示するよう求めることは、可能でしょうか?

【質問4】
質問1、2の内容を踏まえて、この業者との契約をすべて解除して、工事が完了していない部分について、返金を求めることは可能でしょうか?

1019368さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府4位

    高谷 滋樹 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    質問1、2の内容を踏まえて、この業者との契約をすべて解除して、工事が完了していない部分について、返金を求めることは可能でしょうか?


    検討は可能です。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    この業者が新型コロナウイルスに感染していなかった場合、どういた罪に問えますか?このまま許したくはありません。

    罪には問えません。債務不履行の問題でしょう。

    【質問2】
    この業者の言うように、療養証明を出せないと役所が本当に言ったとは思えません。嘘を重ねる業者に対して、対抗手段はありますでしょうか?

    契約上の義務の履行や損害賠償を淡々とすることになるでしょう。

    【質問3】
    この業者は、請求書についても、内容が大雑把で、なんでもかんでも「一式」として寄越してきます。弊社として、一式とある内容については、すべて事細かに明示するよう求めることは、可能でしょうか?

    請求は出来ます。
    拒否される可能性はあります。
    最終的には訴訟法的な対処の中で明らかにするしかないかもしれません。

    【質問4】
    質問1、2の内容を踏まえて、この業者との契約をすべて解除して、工事が完了していない部分について、返金を求めることは可能でしょうか?

    それは可能でしょうが、その相手ですから、素直に払うとは思えず、訴訟などを検討したほうが良いとは思います。

  • 相談者 1019368さん

    タッチして回答を見る

    高谷 滋樹先生

    ご回答ありがとうございます。


    岡田 晃朝先生

    ご回答ありがとうございます。
    大変参考となりました。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから