前勤め先の退職トラブルについて

公開日: 相談日:2020年09月16日
  • 2弁護士
  • 2回答

ご相談です。
5年前に勤めていた小さな有限会社の常務取締役に就任していました。一身上の都合で5年前に退職をし今は完全無縁なのですが先日元同僚に聞いたのですが会社登記にまだ名前が残っているみたいなのです。
1、この場合もし会社が倒産などをした場合私個人になにか損害は起こりますか?
2、またこのままほっておくとやはり問題でしょうか?

956415さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    1、この場合もし会社が倒産などをした場合私個人になにか損害は起こりますか?
    2、またこのままほっておくとやはり問題でしょうか?

    そうですね。
    会社の責任が生じる可能性があります。
    基本は退任していれば無関係なのですが、不実の登記を承諾していたとみられた場合は第三者に責任が生じることもあります。

    登記の抹消を請求しましょう。
    そして抹消がない場合は訴訟によることになるでしょう。

    まずは弁護士に相談されてください。

  • 中野 雅也 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    タッチして回答を見る

    質問者様は、まず法務局で当該有限会社の現在事項証明書を取り寄せて、当該有限会社において、取締役として登記が残っているかどうかを確認されるのが良いと思います。

    この事実確認をするのが先決であると思います。

    次に、会社は役員の変更につき登記を変更する義務を負いますので(会社法915条1項)、質問者様は取締役の辞任登記をするように請求することとなります。

    最後に会社が応じなければ、裁判所において、取締役退任登記手続請求をすることで登記の抹消を検討することになります。

    まずは登記の有無を確認されるのが良いですね。

この投稿は、2020年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました