会社経営における善管義務違反について

会社経営についてです。
・過去、10年間赤字の事業。
・直近3年間は、毎年約1億円の損失。
・赤字であってでも、その事業を継続すべき理由はない。(他事業への貢献など)
・市場調査などの客観的なデータはない。
・新しい施策はない。
・来年度の計画値は1億円の黒字。
 (実現不可能)
・この事業をやめる検討すらしない。

このような場合に
「従業員が」「取締役に」「1億円の損害賠償を」請求したら、どのような結果になると予想されますか?
2018年01月25日 17時17分

みんなの回答

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
弁護士が同意2
ベストアンサー
ありがとう
従業員の立場で請求することは出来ません。
従業員としては給与の未払いがあればそれを請求できるだけです。単に会社運営がよろしくないからといって賠償請求権を持つことはありません。
不当訴訟として逆に賠償義務を負う可能性すらあります。お勧めしません。

2018年01月25日 17時28分

相談者
従業員に賠償請求権がないことは理解しましたが、法的に会社の経営に物を申すことはできないのでしょうか?

2018年01月25日 17時47分

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
労働組合を結成すれば、団体交渉を求めることが出来ます。そのなかで労働条件に関係する話については協議事項とすることが可能です。外部組合に加入するということもありえます。
ただ、純粋な経営事項については無理です。

2018年01月25日 18時50分

この投稿は、2018年01月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 違法会計処理、粉飾決算による株価急落の損害賠償請求

    昨年、上場から1年位の新興企業の株を買いましたが、会計処理に違法性があり、粉飾決算となり、 株価が半分以下になり、それを処分したため、200万円以上の損がでました。 質問事項: 1.この場合、会社を訴えて、損害額全額を回収できるものでしょうか(困難性等)? 2.日本における、その場合の実際の回収例(勝訴例、勝...

  • 休眠会社の再生か新規会社設立で費用の面で迷っています

    お世話になります。 平成16年6月に、インターネット通販店を開設する目的で、資本金400万円で株式会社を設立(いわゆる1円会社)、平成19年7月に店の閉店と同時に税務署と市役所に休業届けと念書をそれぞれ提出し、解散等はしないまま、現在に至っております。 今回、勤務会社を退職し、設備工事関係の仕事をする為に、知人3...

  • 復職後の処遇の大幅減額について

    会社で人事部の課長をしておりましたが、平成24年5月に脳梗塞(倒れる前6ヵ月平均残業45.5h。血糖値高く、高血圧これは上司も知っていました)になり、結果的に右上肢下肢の麻痺と構音障害(言語障害)の後遺症が残りました。リハビリ中に左手でパソコンを使えるように訓練し、現在では、転倒はありますが、何とか杖つき歩行を...

  • 代理店契約の一方的な破棄

    弊社はメーカーA社の販売代理店として創業し、60数年の社歴を重ねております。売上のほぼ100%がA社製品であり、この60数年間はA社とも良好な関係を築いておりました。 ところが数年前、A社はB社に吸収合併されてしまい、それを機に態度が豹変しました。 「弊社の商権をB社の子会社へ譲渡しろ。断れば代理店契約を破棄す...

  • 公共工事で、想定外の事項が発生したことによる赤字の負担は?

    公共工事について、指名競争入札で落札~受注した工事で、設計図書と見積参考資料を信じて実行予算と入札額を決定し、工事に着手しました。 実際に現場に入ってみると、発注者も私どもも想定外(というか発注者=埋設物管理者なのですが、発注した地域の埋設物図面を紛失しており、それを提供してもらえば、手もどりの夜間工事も避けら...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。