代表取締役 VS 代表取締役

現状謄本上、代表取締役が2人いる介護事業会社の話です。
その会社の100%株主は別の人間です。

元々は代取Aが1人社長でしたが、会社の金を横領したため
社長から下ろし代表印など権限を剥奪し、
臨時株主総会を開き、新しく代取Bが社長になりました。

代取Aについては、横領に関する事情を訊く為の一定期間、
単なる人質的な意味合いで、謄本上は代表取締役のままですが、代取Bからは辞表が提出されています(まだ受理はしていないということです)

そして、謄本上は代表取締役のままであることを盾に
恐らく横領の証拠となる書類やPCデータの削除を行おうとしたのでしょう、休日の昼間、会社に侵入してきました。

その時、偶然休日出勤していた子から、代取Bに連絡が行き、代取Bがすぐ会社に駆けつけ、
会社の書類を箱に詰め持ち出そうとしている代取Aに対して「ここで何をやっているんだ?その書類を置いて出て行け!」と言い放ちました。
すると代取Aは、
「まだ歴とした代表取締役である俺が会社に入ろうと書類を持ちだそうと裁量の範囲じゃないか、何の問題がある」
と反論してきました。

代取Bは休日出勤の子に通報させ、
住居侵入と窃盗の被害を伝えすぐ警察が来ました。
警察に事情を話すと「どちらも代表取締役?なんだ内輪揉めか。。」という言葉を残し帰ってしまいました。

代取Aは既に辞任の意思表示をしているにも関わらず、
会社に侵入し、会社書類を持ち出そうとした、
しかし謄本上代取であることは事実です。

現代表取締役社長から「会社に入るな!書類を持ち出すな!」と注意喚起をされたにも関わらず従わなかったとしても、既に辞任の意思表示済の人間であっても、謄本上代取であれば、刑法の住居侵入や窃盗には該当しないという事になるのでしょうか?

※実名弁護士からの回答のみを希望します。
会社法にも連動する内容かと存じますが、
ご教授の程、よろしくお願いします。
のぞみんさん
2012年06月28日 10時58分

みんなの回答

比護 望
比護 望 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
正規の手続きで、臨時株主総会を開き、新しく代取Bが選任されたならば、内部的には、その者が代表取締役であって、登記上、代表取締役のままとなっているに過ぎないものは内部的には代表取締役にあたらず、住居侵入や窃盗にあたる余地はあると思います。

2012年06月28日 12時27分

この投稿は、2012年06月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 代表取締役登記変更の中止について

    取締役が1人しかいない会社で、その取締役の急死を受け、私が代表取締役、A氏が取締役として取締役変更登記を行う予定ですが、手続を担当するA氏が私のことを抹消し自分が代表取締役と改竄した申請書を法務局に提出し、間もなく登記が完了する予定です。因みに、現在、私は社長代理で、A氏は一般社員です。書類上はA氏が盗用した会社実...

  • 訴訟の相手先

    法人会社を訴えたいのですが、会社の謄本をとりましたら、会社には、出社してこない人が、代表取締役社長になっていて、普段、会社にいる人は、ただの代表取締役になっていました。 この場合、やはり訴状に記載するのは、代表取締役社長の方にするのでしょうか。

  • 代表取締役変更に際する会社の実印(代表印)の取り扱いについて

    私は株式会社の代表取締役です。 この度、私が代表取締役を辞して、取締役Aが就任することになりました。 この場合、私が保有している会社の実印(代表印)を取締役Aに渡すべき時期はどのタイミングが最適になりますでしょうか。 私は登記変更が受理された時点が最適だと考えています。 どうぞよろしくご教授下さい。

  • 取締役会開催について

    当社、取締役会は、代表取締役2名(会長父・社長私)、取締役1名で構成されています。 昨日、きょう開催の取締役会及び拡大幹部会招集通知が、会長名で代表取締役として、私のもとにFAXで送られてきました。 当社の定款では、(代表取締役及び訳付き取締役)のなかに、『代表取締役は社長とする』とされていて、(取締役会の招集...

  • 代表取締役の登記について

    昨年の9月に取締役会にて新しい代表取締役A氏を選出しました。登記簿への登記はそのA氏が自分で行うとのことでしたので任せました。それから約4ヶ月で会社は業績が悪化したため、A氏は12月末日で代表取締役を退任しました。ところが、その4ヶ月の間彼は代表取締役の変更登記をしておらず、会社の登記簿には代表取締役としての彼の名前は...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。