古物商許可証が必要な場合は?

せどりをする場合、古物商が必要になるのがどのような条件でしょうか。

自分で購入したけどいらなくなって、売る場合は大丈夫という認識です。


では、
①海外サイトから購入したものを転売
②駿河屋、ブックオフなど、買取サイトから購入したものを転売
③メルカリなどで購入したものを転売
④楽天、アマゾンで購入したものを転売
⑤ネットの問屋で購入したものを転売


だと、どの場合に古物商が必要でしょうか。
ちなみにヤフオク、FBAなどで販売する場合です。

b4_7be1さん
2017年06月16日 22時39分

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ありがとう
古物営業法上の許可が必要かどうかは,ご質問のような取引方法から判断するのではなく,法律の条文に則して考えるのが妥当です。
「古物」とは,(1)一度使用された物品もしくは使用されない物品で使用のために取引されたもの,又は(2)これらの物品に幾分の手入れをしたものをいいます(同法2条1項)。
そして,同法2条2項1号の「古物営業」とは,「古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業」(古物の売却又は自己が売却した物品を当該相手方から買い受けることのみを行うものを除く)をいいます。
本件では,⑤はおそらくその商品が「古物」に該当しない場合が多く,それ以外は,対象となる商品が「古物」に該当する場合としない場合があると思います。

2017年06月16日 23時28分

b4_7be1 さん (質問者)
ありがとうございます。
⑤の問屋については新品なものを中心に売っているので問題ないということでしょうか。

もう一つすみません。
無料でもらったりあげたりするサイトがあるのですが(送料込み、送料負担どちらもあります)そういった場で取引したものを売る場合には古物商許可は必要ないでしょうか。

2017年06月20日 09時54分

この投稿は、2017年06月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 転売目的で新品商品を業者に買取、違法ですか。

    転売目的で小売店〔ヨドバシ、ヤマダ電機)から購入したゲームやおもちゃをリサイクルショップやホビーショップ(ブックオフ、中古買取ショップ) に買取してもらう場合に古物商の免許は必要になりますか?また違法ですか?反復継続して行う場合です。

  • サイト売買に契約解除

    海外ブランド商品の販売サイトを、サイト売買で購入しました。 ビジネスモデルは、転売です。 安い販売店で購入して、高くするというものです。 メーカーの定価よりは安いため、利益はあげられます。 しかし、よくよく調べたら、仕入先は、普通の販売店のため、転売目的での購入は、販売規則に反する行為とわかりました。 転売禁止...

  • 特定商取引法について

    はじめまして。 特定商取引法について質問です。 インターネット上で自社の商品やサービスの販売をしたいのですが、 決済方法はペイパルなどのクレジット決済代行サービスを 導入したいと思っています。 その場合、当方の住所や連絡先などを記載した 「特定商取引法に基づく表記」はWEB上に公開しなければならないのでしょう...

  • オークションでの転売について

    古物商について教えてください。 個人事業主としての内容になります。 最寄りの警察署で某テーマパークより新品を購入し、ネットショップなどで販売する場合は、古物商の許可は必要ないと確認しました。 あくまでも新品を購入しそのまま販売した場合は、中古品とならないとの見解でした。 上記の内容だと、新品を購入しオーク...

  • 購入代行品の転売について

    クラウドワークスなどの外注サイトを介して、化粧品やサプリメントなどの初回限定で割引となる商品の購入を依頼し、手元に届いた商品を転売することは法律違反ですか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。