登記官職権による登記変更とみなし解散の時期

平成19年会社設立
数年後に会社は休眠状態になり、一切営業活動はしておらず、設立以来、登記の変更もしていませんでした。
代表者の住所地が市町村合併の為、市町村名称が変更になりました。
平成26年に、代表者住所が変更されていました。登記官の職権による変更かと思います。
この場合、みなし解散と扱われるのは、平成26年の12年後になるのでしょうか?
2017年05月02日 17時35分

みんなの回答

相談者
追記、平成19年に設立したのは株式会社です。
よろしくお願い致します。

2017年05月02日 18時31分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
本件ですが、明確な規定は見つかりませんでした。
ですので、あくまで私見となりますが、みなし解散の制度趣旨(登記を放置している会社を強制的に会員させること)からすると、19年の12年後にみなし解散となると思われます。
やはり、職権ではなく自発的な登記が必要と考えるのが素直なように思われますので。

なお、みなし解散でも登記懈怠の過料に処せられる可能性があります。
ですので、みなし解散を待つのではなく、きちんと解散をしておくのも一考です。

また、みなし解散後でも、3年以内に
株主総会で会社継続の旨の決議をして。
かつ、会社を継続する旨の登記手続きをすることにより、
会社を復活させることも可能です。

以上、ご参考までに。

2017年05月08日 19時41分

この投稿は、2017年05月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 認可地縁団体の制度がなかった時の町内会代表者共有所有地の所有権移転登記方法と土地賃借料の取り扱い

     認可地縁団体の制度がなかった昭和5年頃に、A町内会の自治会館の土地Bを、A町内会の名前では登記できなかったのか、A町内会の当時の代表者4名の共有地として所有権登記した。その約70年後、A町内会の自治会館は別の場所に移築したため、土地Bの自治会館跡地は更地にして、4名の土地共有所有者と関係のない方Cと駐車場としてA町内...

  • 土地 登記方法

    平成8年当時区画整理中の新築一戸建の家を購入致しました。数年後に新たに色々な登記をしなくてはならない事を知らされました。その内容として①所有権登記名義人表示変更登記②土地の分筆登記③共有物分割による持分全部移転登記④担保の抹消登記⑤担保の債務者の住所変更登記⑥担保の効力を所有権全部に及ぼす変更登記 をする必要があるら...

  • 労使間の損害賠償

    現地法人を立上げおよび海外営業をおこなう為に海外に派遣されました。約5ヶ月経って現地法人会社の金を使い込みしたという疑いをかけられ、会社から損害賠償を要求すると言われています。 私は海外営業職ですので営業を中心に5ヶ月間働いていましたので現地法人ができるまでは月次会計は外部の会社に依頼しその後は現地社員に(経理担...

  • 住宅を売る時の瑕疵担保について

    現在工事が中断されている2階建て木造住宅の売却を考えています。今までの経緯は下記の通りです。 平成16年12月 確認申請許可 平成17年 2月 工事着工 平成17年 5月 施主の入院・工事中断 平成22年10月 施主の死亡 平成23年 9月 土地のみ名義変更(土地・建物の相続による) 多少の手直しと変更をした上で、住宅を完成させて...

  • 町内会の所有する土地の共有持分

    ある町内会の構成員の一人です。数年前より町内会で所有する土地を数名の個人名義で登記を行っていましたが、昨年にそのうちの一人が転居により町会内の構成員でなくなりました。そこで、転居した方に、町内会より、当該土地の共有持分を他の共有持分者へ移転する委任状に承諾の押印をするように求めてきましたが、未だ押印をいただいて...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。