士業の独立開業に伴うトラブル

専門士業の者です。
この度、会社を退職し、独立予定です。
会社から数件顧問先を持っていく話をしたところ、顧問先がそちらに行くことを望んでいたとしても就業規則違反だから許されない。考え直せの一点張りです。

確かに就業規則には顧問先に退職を予告して、自分の顧問先とするよう誘導した場合、在職中、退職後6ヶ月以内に同一業務をした場合に懲戒解雇原因になるとの記載があります。

会社には誘導ではなく、顧問先がこちらを選んで付いてくると説明しているため、前段の就業規則違反にはならないと考えています。
後段の方はそのように言われてしまえば何とも言えない状況です。

ただ、過去に同じように独立した人がおりましたが、懲戒解雇になった人はおりませんでした。
私だけ懲戒解雇にすることは処分の平等性が確保されておらず、問題のように思いますが、いかがでしょうか?

最悪、解雇になってもよいと腹を括っていますが、どのような解決方法が考えられるのか、ご回答頂けましたら幸いです。
2015年07月25日 14時48分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1. 退職後6ヶ月間の同一業務禁止は士業の独立を禁止するに等しく無効の可能性が高いと解されますから、懲戒解雇も無効という主張をするのが良いかと思います。
2. こちらの情報としては守秘義務誓約書を差し入れることが考えられます。

2015年07月25日 15時19分

相談者
就業規則違反に該当すると会社が言ってきた場合の対処法がわかりました。

現実的にはこちらも顧客を連れて出て行ってしまうため、出来るだけ円満に該当したいと思いますので、顧客がこちらに付いて来たいと言っているので、それが就業規則違反になるのであれば、どうぞ処分してくださいと伝え、それに対して懲戒解雇にしてきた場合にご回答の対策を取るのが宜しいのかと考えました。

恐らく退職時に競業しないなどといった誓約書を取ってくることが考えられますが、これに応じるような規定は就業規則に見当たりませんでしたので、署名しないのが無難でしょうか?

2015年07月25日 16時00分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
私だけ懲戒解雇にすることは処分の平等性が確保されておらず、問題のように思いますが、いかがでしょうか?

少なくとも、在職中の会社の情報を持ち出すとか、在職中に営業をかけるなどをしない限り、懲戒解雇は無理でしょう。

2015年07月25日 16時23分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
恐らく退職時に競業しないなどといった誓約書を取ってくることが考えられますが、これに応じるような規定は就業規則に見当たりませんでしたので、署名しないのが無難でしょうか?

→ 署名すべきではありません。

2015年07月26日 07時53分

この投稿は、2015年07月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 突然解雇された。このような解雇は正当なのでしょうか?

    生産管理の仕事をしていましたが、社長から管理状況の説明を求められて説明をしようとしましたが、説明を求めているにもかかわらず説明を一切聞かず想像で何もしていないと言い出し、挙句には解雇だ今から帰れと言われましたが、直属の上司から帰るのは待ってくれと言われ業務時間が過ぎてから直属の上司から、社長と話をしたが解雇は変...

  • 解雇に関連する訴訟について

    訴訟に巻き込まれるリスクの有無を教えてください。 私の立場は組合役員です。会社が一人の従業員を解雇しました。 私は組合役員の立場上、解雇前に会社側には解雇をやめるよう働きかけ、従業員には仕事上に問題点を是正するように働きかけておりました。しかし従業員の問題点が是正されないと会社が判断し、まず会社は退職勧奨を行い...

  • 会社の整理解雇への対応について

    従業員30人程度の小さな企業に勤めております。 会社が業績悪化を理由に、整理解雇を行おうとしています。 希望退職者を募る旨の連絡が社長から口頭であり、 (文書での告知無し・募集期間は口頭告知より3日後まで) その際は最低2ヶ月間の賃金を保証する、という内容でした。 (2ヶ月分の賃金が何を指すのかは明確な説明なし) ...

  • 解雇理由証明で参照された就業規則の内容が、労基署に提出済みの直近分と異なると、どの程度問題となるか?

    1月末に勤務先をクビになりました。先週、雇用保険の離職票や退職理由証明書などが一度に郵送されてきて、中身をよく見てみると、「重責解雇」にレ点が付いていました。自分では懲戒処分を受けるのは仕方がないけど、クビになる話ではないなと考えていた矢先だっただけに、「重責解雇」の四文字を見たとたん、「それはないだろう」とい...

  • 【退職勧奨】「与えられる仕事が無いので、自己都合退職して欲しい」から一転し「じゃあ、懲戒解雇にする」

    違法と思われる形で、退職勧奨されました。 まず、私は昨年妻が他界し5歳の子供を育てるため、遅くまで残業ができなくなり、宿泊の出張が出来ない状態となり、会社からの特別な配慮により、支店内でできる仕事を割り当てて頂いている状態でした。 本社の人事部長より電話が有り、「割り当てられる仕事が無いので、自己都合退職し...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。