都営住宅の自宅でオンラインショップを運営する際の古物商申請について

はじめまして。杉森と申します。
私は現在、古物商の免許申請を考えております。
免許取得後、当面は個人で副業としてオンラインショップを構え
行商での買取、オンラインでの販売を考えております。
自宅での売買は考えておりません。
将来的にはその反響の具合を見て、ある程度の売り上げが見込める場合には、
個人事業主として店舗を借りてリサイクルショップを展開しようと検討しております。

ところが古物商の免許取得のために情報を収集していたところ、
1点、不安要素が出てきました。
それは、都営住宅など集合住宅に住んでいる場合に古物商の免許の取得が
絶望的であるということです。

実は、現在都営住宅に住んでおり、警察署に古物商免許の申請に
出頭する際に、一連の申請書類の他に、賃貸契約書と使用許可書が
必要になるとのことです。
問題は使用許可で、どう考えても都営住宅を管理しているJKK側が
古物商の免許を取るために使用許可が必要だと説明したところで
使用許可を発行してもらえるとは考えられません。
何か方法があれば教えていただければ幸いです。
2015年07月08日 10時05分

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ベストアンサー
ありがとう
公営住宅の場合でも,いわゆるオンラインショップの場合は説明すれば承諾を得られる場合もあるようですが,承諾が得られないのであれば,レンタルオフィスを契約して営業拠点にするといった手法を採るしかないのではないかと思います。

2015年07月08日 12時45分

この投稿は、2015年07月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • ECサイトにおける古物商許可必要の線引について

    古物商について質問です。 自分たちで運営しているECサイトにて、中古の家具などを売ることは古物商許可が必要かと思います。 他の家具家電販売業者にマーケットプレイスとして場所を提供するだけであれば、 古物商許可は不要でしょうか? ※顧客からの決済もECサイトで請け負う予定です。 どこからが古物商許可が必要になっ...

  • 古物処分のとき

    「個人売買サイトで中古品の取り引き」を法人にてする場合、古物の免許番号は 多少に関わらず明記の必要があるのでしょうか

  • 古物資格申請に付いて

    近い将来オンラインで自宅から古物売買を始めたいのですが申請場所の警察ホームページ説明で古物売買を始める場所の記入が必要と有りましたまだこれからホームページも作成する段階ですが早く認可が欲しいので申請住所は自宅で良いのですか?営業予定は準備の為数ヶ月は先に成りそうですが古物売買申請、認可に伴い現時点での注意点や的...

  • オークションなどで家族アカウントを使って売った場合の古物営業法の名義貸しについて

    古物商許可を受けている事業主ですが、古物営業法で名義貸しは違法となるのは分かります。 古物商許可を受けているのは私自身です。 例えばオークションサイトなどで古物を販売する場合、複数アカウントで運営するとして、アカウントの登録名義は家族、売上金などの振込みは古物商である私名義の口座へ振込みするとします。 ...

  • 残置物設備が仲介業者から聞いてる内容と異なる。

    テナント物件の残置物のエアコンや自動ドアの状態が、仲介業者から聞いた内容と異なっており、困っています。契約書を交わす前は、現地を見て設備を確認し、当日残置物が問題なく使用できるか確認してもらうよう、仲介業者へ話しており、後日、使用できますと連絡が来たので契約したのですが、エアコンは使用できず交換が必要で、自動ド...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。