デリヘル開業後に考えられるトラブル等について


デリヘルの開業を考えています。

①本番をしないという内容の誓約書を書かせても、デリヘル嬢が勝手に本番行為をした場合に経営者は罪に問われるのでしょうか?

②暴力団員からみかじめ料などの金銭を要求された場合、暴力団員はどのような罪に問われるのでしょうか?
また警察に言えば警察はすぐに動いてくれるのでしょうか?

③雇うときの身分確認は運転免許、パスポート、保険証、住民票、住基カードなどのどれかでよろしいのでしょうか?
もし偽造された身分証を提示されて18歳未満の人を雇った時は経営者は捕まらないでしょうか?

④18歳未満の人を雇ったり、本番行為をさせる以外にデリヘルを開業して違法になる可能性がある事で他にどのような事があるでしょうか?
chiyoさん
2013年08月23日 22時46分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
①本番をしないという内容の誓約書を書かせても、デリヘル嬢が勝手に本番行為をした場合に経営者は罪に問われるのでしょうか?

経営者が分かっていながら本番行為を容認していたような事情がなければ、罪に問われることはありません。

②暴力団員からみかじめ料などの金銭を要求された場合、暴力団員はどのような罪に問われるのでしょうか?
また警察に言えば警察はすぐに動いてくれるのでしょうか?

暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律違反となります。

対応については、警察次第というところがありますが、全国的に問題視されているため、ある程度は動いてくれる可能性が高いでしょう。

会話を録音するなどして証拠を確保しておくと、対応しやすいと思います。

③雇うときの身分確認は運転免許、パスポート、保険証、住民票、住基カードなどのどれかでよろしいのでしょうか?
もし偽造された身分証を提示されて18歳未満の人を雇った時は経営者は捕まらないでしょうか?

公的なものであれば構わないでしょう。

偽造された身分証であっても、経営者がきちんと注意義務を尽くして年齢確認等をおこなっているなら、捕まらないと思われます。
ただ、見た目が明らかに幼いのに、身分証がそれらしいということで雇うのは注意が必要です。

④18歳未満の人を雇ったり、本番行為をさせる以外にデリヘルを開業して違法になる可能性がある事で他にどのような事があるでしょうか?

給料関係でいえば、労働基準法違反が考えられます。

2013年08月24日 07時55分

chiyo さん (質問者)
丁寧なご回答ありがとうございます。
追加してご質問させていただいてよろしいでしょうか?

①暴力団からのみかじめ料などの金銭の要求を断った後に報復として、誰かを客として行かせてデリヘル嬢からけがをさせられたなどと難癖をつけてきて、慰謝料等の名目で金銭を要求された場合に、診断書を持ってこられたら書類上はデリヘル嬢がけがをさせてしまった事になりますので、使用者としての責任を問われて金銭を支払わなければならないのでしょうか?

②デリヘル嬢を完全歩合で雇う事は法的に問題ないでしょうか?

2013年08月26日 13時01分

この投稿は、2013年08月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 公務員がデリヘルで本番行為をすることについて

    公務員がデリヘルで本番行為をした場合、当該行為は懲戒事由になりますか?

  • デリヘル経営 ※違法本番での逮捕・廃業リスク回避について

    都内でデリヘル経営をしております。 合法でクリーンな経営を心掛けており起業してから2年間全く問題は起きておりません。 しかしながらデリヘル経営では本番行為があった際に違法性を問われ、逮捕が原則と聞きリスク回避について頭を悩ませております。 ■現在、取り組んでいること ・女性従業員に採用時、「違法行為である本番行...

  • ビジネスホテルへのデリヘル嬢の派遣、ホテル側がそのような利用を認めない場合は住居侵入等罪に問われる?

     ビジネスホテルへのデリヘル嬢の派遣について、ホテル側がそのような利用を認めない場合は、依頼した客の他、赴いたデリヘル嬢も住居侵入等罪に問われることになるのでしょうか?

  • デリヘルの逮捕リスクについて

    都内でデリヘル経営をしようと考えております。 合法でクリーンな経営を心掛けたいのですが、デリヘル経営では本番行為があった際に違法性を問われ、逮捕が原則と聞きリスク回避について頭を悩ませております。 ・女性従業員に採用時、「違法行為である本番行為をしない」誓約書にサイン・捺印を頂いております ・就労規約に「違法...

  • フリマアプリ 事務局の対応

    最近、フリマアプリのサイトで ブランド品の財布を出品したのですが ◯◯(運営会社の名前)事務局です。 お客さまがご出品された複数の商品について、「禁止されている出品物(正規品との確証がない商品)」に該当する恐れがあるため、商品情報の削除、および無期限の利用制限を行わせていただきました。 偽物やブランドコピー...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。