譲渡制限会社での自己株式取得の手続きに関して

非公開会社で株式譲渡制限のある会社です。取締役会は非設置で、譲渡の承認機関は代表取締役としています。
社員(株主)の退職に伴い、社員から株式を会社として買いとりたいと思っておりますが、その際に株主総会決議が必要になりますでしょうか?
個人間では代表取締役の承認があれば問題ないと理解していますが、会社で買い取る際には自己株式の取得にあたり、株主総会が必要になるかどうかしりたく思っております。
よろしくお願いいたします。
b4_a231さん
2017年08月22日 09時31分

みんなの回答

門倉 洋平
門倉 洋平 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県5 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
ご質問いただいたケースは、特定の株主からの自己株式の取得となりますので、株主総会決議(特別決議)を要することとなると想定されます(会社法160条第1項)。

2017年08月22日 09時47分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
特定の株主だけが会社に対して取得を請求できるとすると、
株主間の公平を害するおそれがあります。
そのため、株主総会の特別決議による必要があります。

また、株主総会の決議では、売主となる株主の議決権行使は制限されます(会社法160条4項)。
さらに、他の株主に総会決議の前に自己を売主に追加することができる請求権(売主の追加請求)を認めています(会160条2項
、3項)。

さらに、自己株式取得の財源は、剰余金の分配可能額の範囲内となっております(会社法461条)。

以上の点につき、ご留意ください。

2017年08月22日 11時55分

この投稿は、2017年08月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,951名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 子会社の株の譲渡について

    お世話になります。 親会社A社(取締役非設置会社)が子会社B社(取締役非設置会社)の株を子会社Bの代表取締役又は第三者に譲渡する場合、A社株主総会の決議は必要とせず、A社の代表取締役だけの決済で譲渡が成立するのでしょうか。B社の株主は、A社70%、B社の代表取締役30%です。 ご返事のほど何卒宜しくお願い申し上...

  • 株主の会社分割に伴う株式の取扱いについて

    当社は株式譲渡制限つきの取締役会設置会社で定款に「(株式の譲渡制限)株式の譲渡 又は取得については、株主又は取得者は、株主総会の承認を受けなければならない」と となっています。 このたび、株主のA社が会社分割して分割した会社に当社の株式を継承することになったの ですが、  1.A社が継承会社に当社の株式を継承する場...

  • 株式譲渡承認における利害関係人について

    取締役会での株式譲渡承認について、お教えください。 [登場人物等] 当社:取締役会設置会社で、親会社A社の子会社です。株式の譲渡制限があります A社:当社の親会社です。当社取締役のbが代表取締役を務めています 当社取締役:社長a、取締役b(A社の代表取締役)、取締役c、取締役dの4名です [状況] ・今回、当社...

  • 定款で決めている者以外を株主総会の議長にすることは可能ですか?

    取締役会非設置の非公開会社です。 取締役は代表取締役が一人のみ 株主は100%株主が一人のみ(代表取締役とは別の者) 定款には下記のように記載があります。 ・当会社の株式を譲渡により取得するには、株主総会の承認を受けなければならない。 ・株主総会の議長は、社長がこれにあたる。 社長に事故若しくは支障があるとき...

  • 株式譲渡時に必要な事務手続きについて

    株式譲渡について、質問です。 <前提> 私は、a社の株主で、今回b社に100%株式譲渡をすることになりました。a社の登記上の取締役でもあります。a社は、株式会社で、取締役会非設置会社、株券非発行会社、譲渡制限株式の制度となっています。交渉は、代表取締役x氏に任せています。 今のところの書類は、x氏への株式譲渡に関す...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。