会社法を根拠に役員から債権の回収は可能でしょうか?

BtoBの卸売業をやっています。取引先のM社が社長共々破産して債権が残りました。
M社の役員として社長の奧さんがいますが、取引中の話から推察すると勤務実態がなく、いわゆる名ばかり役員だったようです。謄本を調べると役員が他に1名(社長、奧さん含めて3名)の他に監査役が1名います。

そこで、債権を回収すべく以下の点についてご回答下さい。
他の役員による債権に対する連帯保証はありません。

1)名ばかり役員の奧さんに対して、会社法を根拠に「取締役の職務の執行の監督(取締役には、他の取締役を監視し、不適切な行為があった場合業務執行の適正化を図る義務がある)」を怠り、悪意または重大な過失のため第三者に損害を与えたとして損害賠償を請求することは可能でしょうか?

2)相手の損害賠償の資力を考えて、奧さん以外の他の役員1名と監査役に対しても同請求は可能でしょうか?

3)上記が可能であれば、実務は専門家にお願いする場合、依頼人として当方はどのような対応や調査、措置が必要になりますでしょうか?

以上、
役員、監査役に勤務実態がないという前提でよろしくお願いいたします。
2016年09月18日 17時05分

みんなの回答

小沢 一仁
小沢 一仁 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
質問1:名ばかり役員であってもそれは会社の内部的な問題にとどまり、対外的には役員としての責任を原則として免れないと思います。

質問2:可能性はあると思います。

質問3:個別の事案によりますから、相談した弁護士の指示を仰いでください。

2016年09月18日 17時28分

相談者
早速の回答ありがとうございます。
しかし、質問の内容で債権を回収した事例、ご存知でしょうか?

2016年09月18日 17時46分

小沢 一仁
小沢 一仁 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
私自身が扱った事案ではありませんが、例は知っています。

2016年09月18日 17時49分

この投稿は、2016年09月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 取締役の任務懈怠責任

    体調不良や精神不安定で業務をまともにこなせず、欠勤も多い社員Aに対して、取締役Bが異常なまでに肩入れをしています。 代表取締役と専務取締役は社員Aを解雇する方針ですが、取締役Bは「社員Aを辞めさせるなら自分も辞める」と子供のようなことを言い、解雇することが出来ず、業務に支障をきたしています。 (社員Aに対しては一度注...

  • 会社法による取締役の義務と責任

    発注者(私)と請負者(法人)との請負契約において、請負者は契約違反をしており法令違反・詐欺などの刑事犯罪を犯した場合、会社法429条に該当し損害賠償責任が役員個人としても請求可能だと思います。 ここまでは調べて理解できたのですが、取締役と法人登記されている方なのですが、実際は社長のワンマンであり社会通念上の取締...

  • 会社法第356条に触れるかどうか

    弊社はオーナー社長の同族会社(株式会社)で従業員は正社員を含め4人の小さな会社です。 役員は社長(代表取締役)と社長の奥さま(監査役)です。この度会社を解散させ、社長と長い付き合いのある同業他社(海外上場企業)の日本支社(日本法人)を立ち上げます。弊社はこの会社に買収される予定です。従業員は全員新会社の社員になり、そして...

  • 存在しない役職の報酬返還請求

    私は代表取締役社長です。 大株主の会長がおります。 定款を確認したところ、会長職の記載が無いのですが、今まで役員報酬を支払い続けておりました。 これには、違法性は無いのでしょうか? 条文には (役付取締役) 取締役会の決議を持って、取締役の中から、社長1名を選任し、必要に応じて、副社長、専務取締役、常務取締役各...

  • 執行役員の選任方法

    はじめて質問させていただきます。 当社は、役員が代表取締役1名の会社です(取締役会非設置会社)。この度、「執行役員」(身分は社員です)を1名選任することにしたのですが、選任の方法は取締役会が存在しない当社の場合、代表取締役が選任しても問題ないのでしょうか? 現在、執行役員規程を作成しようとしておりまして、会社法上の...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「美人銭湯絵師」勝海麻衣さんにパクリ疑惑、...
  2. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  3. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  4. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  5. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  6. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  7. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。