弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

商標権・商号 : [企業法務] 商標権・商号のお悩み対処法

商標権侵害への回答の方法について

ある企業の代理弁護士より商標権侵害に対する警告書を受け取りました。
内容証明の警告書への回答は、やはり内容証明でするものでしょうか?
内容証明で発送しない場合、内容証明ではないと言うことで誠意がないなどと思われますか?
弁護士からの通知書に対しては内容証明までは必要不可欠ではないと思います。例えば、例えばFAX送信で通信記録を取れるようにしておいて(コンビニFAX送信をして到達しているシートもプリントアウトするなど)おけば、十分と思います。

お早い回答、ありがとうございます。
内容証明までとは行かず、配達記録をしておけばいいと言うことですね。

追記で質問なのですが、届いた文章の中に「将来にわたって当社の産業財産権を侵害しない旨を書面で提出を求める」とありました。
これは、回答文書の中に記載していいものか。または、別紙にて誓約書を用意するべきなのか。
どちらを求めているのでしょうか?

momoさん
2017年10月31日 23時37分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府7 企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年10月31日 23時51分

momo さん (質問者)

2017年11月01日 07時12分

この投稿は、2017年10月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【相続】内縁の妻に相続権はあるのか、遺族年金を受け取ることはできるのか

内縁関係のパートナーが亡くなった場合、相続人として財産を相続することはできるのでしょうか。遺族年金を受け取ることはできるのでしょうか。こうし...

この相談に近い法律相談

  • 内容証明

    弁護士から送付済みの内容証明の文案を第三者に見せるのは、良くないことなのでしょうか? こういう内容証明を送付してもらったのだけど、どう思うなど、友人に意見を求めたいのですが、名誉毀損に該当するのでしょうか?

  • 訴訟の攻防と弁護士の正当業務

    準備書面上の記載内容は、誰もが閲覧可能な裁判記録に綴られるので、場合によっては名誉毀損に該当し得るという地裁判例があるようです。 この論理が正しいとすると、弁護士が準備書面に記載した内容は無条件で正当業務になるわけではないとおもわれます。 質問ですが、名誉毀損を含む内容の証民事の拠を単に引用することを繰り返...

  • 内容証明について

    内容証明を送ろうと考えています。内容証明を送る相手の身内にも内容証明を送ることは違法ですか?

  • 内容証明の不備

    内容証明を送達したのですが、内容に不備が合ったのに気が付き訂正してもう一度別の内容証明を送達する事は大丈夫でしょうか?

  • 内容証明について。内容証明については日本郵政ですよね?

     内容証明は弁護士でないと差別されて効力がないのですか?  内容証明については日本郵政ですよね?  日本郵政の問題になるのですか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

知的財産・特許に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。