商標登録について質問です。

公開日: 相談日:2015年12月15日
  • 1弁護士
  • 1回答

デリバリーヘルスの店名の商標登録についての質問です。
現在デリバリーヘルスを経営しているのですが、当店の店名が(A)だとしたら、他の経営者の方が(A)で商標登録を登録して、当店に(A)という店名を使わないでくれと通知があった場合、(A。)や(A+)などの簡単な付け加えで営業して行くことは、可能ですか?

408926さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 408926さん

    タッチして回答を見る

    また、追記になりますが、他の経営者が商標登録の申請する、2年ほど営業していますが、先使用権というものがあるみたいなのですが、これを行使することは、可能ですか?
    また、このような嫌がらせをされた場合、反撃したり、防いだりする方法は、ありますか?
    よろしくお願いします。

  • タッチして回答を見る

    商標権の効力は、類似の商標にまで及びます。
    すなわち、商標法37条1号は、
    「指定商品若しくは指定役務についての登録商標に類似する商標の使用又は指定商品若しくは指定役務に類似する商品若しくは役務についての登録商標若しくはこれに類似する商標の使用」
    を商標権の侵害とみなしています。
    したがって、簡単な付け加えでは、Aと類似していると判断される可能性は十分あります。

    なお、先使用権は、単に先に使っていれば成立するものではありません。
    商標法32条1項は、
    「他人の商標登録出願前から日本国内において不正競争の目的でなくその商標登録出願に係る指定商品若しくは指定役務又はこれらに類似する商品若しくは役務についてその商標又はこれに類似する商標の使用をしていた結果、その商標登録出願の際現にその商標が自己の業務に係る商品又は役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されているときは、その者は、継続してその商品又は役務についてその商標の使用をする場合は、その商品又は役務についてその商標の使用をする権利を有する。」
    と定めていますので、この要件にあたるかどうかを検討する必要があります。

この投稿は、2015年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

関連度の高い法律ガイド

「商標権・商号」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから