キャラクター生地のハンドメイド品のブログ掲載

キャラクター生地に「二次製品の販売不可」「商用利用不可」と表示があります。
そういった生地が、私的な範囲での制作に限ることは理解しております。
このような生地を使った作品を写真とともにブログで紹介するのは、権利者によって様々かと思いますが、一般的にキャラクターの著作・商標権の侵害になりますか?
生地はそもそも制作を意図した商品ですので、それで制作物の紹介自体は想定内ではないかと思いました。

ただ、ショップブログという立場(個人店で、日々のお知らせ、雑談などのブログ)で掲載するのですが、雑談や日記としての内容であっても、私的な範囲を超えますか?
ちなみに、ショップでの取り扱い商品から、ハンドメイドの販売といった誤解はないと思われます。
LYYYさん
2015年01月15日 12時35分

みんなの回答

西口 竜司
西口 竜司 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
LYYYさん
回答させて頂きます。
写真を掲載するという行為だけで商標権を侵害することにはなりません。
あくまで商標を使用して販売等する必要がありますので。
他方,ブログにUPする行為は著作権法の公衆送信権という権利を侵害する可能性はあります。というのも,公衆送信権には私的使用といった例外規定がないからです。御注意下さい。

2015年01月16日 08時24分

この投稿は、2015年01月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 著作物の複製について。既存のキャラクターを使用したハンドメイド品の譲渡の場合。

    著作物の複製について教えて欲しいです。 プレゼントでキャラクターの絵柄を使用したハンドメイド品を作りたいのですが、無償でも家族以外に渡すと違法だと知りました。 そこで、そのプレゼントを渡す相手と一緒に作ったら複製権の侵害にはならないでしょうか? 既存のキャラクターのイラストと、自分で描き起こしたそのキャラのファ...

  • プログラムの規約に「商用利用禁止」と書かれていた際、自作の著作物の販売は制限されますか?

    プログラムの規約に関する質問をさせてください。 著作物の販売に関わる権利と言いますと、恐らく頒布権などが該当すると思うのですが、自作の著作物にかかる著作隣接権などの権利を、プログラム作者が有するのかについて知りたいです。 自作の小説をワードを用いて作成しました ワードからPDF形式に保存しました PDFデータを製...

  • 著作物の雑貨制作、配布について

    某テーマパークのキャラクターを用いた自作雑貨の作製と使用範囲について質問します。ネットのSNS上で上記キャラクターを用いたレジン樹脂アクセサリーが紹介され、その後コミュニティー内で材料費のみで作製提供する事をよく見るようになりました。 これは著作権法に抵触するのでしょうか。かなり大きいコミュニティーのため、不特定...

  • 既成キャラクターの著作権について。

    ハンドメイド作品の著作権について回答お願いします。 既成キャラクターの模倣による切り絵やイラストのシール、ゴム版を制作してネットサイト(フリーマーケットサイト)にて販売すると→・著作権を侵害するもの(キャラクター、ブランドなどのハンドメイド品を含む)として削除されます。 生地だと各布毎に記載はありますが、 各キ...

  • ブランド商品のイラスト化について

     店舗、HP経由にて中古高級ブランドのバック、時計等を販売しております。    広告の一環として、商品のバックやそのバックを持つ女性の姿を自身の手作業でオリジナルでイラスト化し、HP、SNSに掲載、また希望があれば、その原画を販売しようと考慮中です。    商品であるバック等はそのデザインの特殊性、デザインロゴ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

知的財産・特許に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「カメ止め」パクリ騒動で相次いだ「検証記事...
  2. 「カワウソ10匹」タイから持ち出そうとした日...
  3. 「盲導犬を蹴った」「虐待だ!」動画を拡散、...
  4. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  5. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  6. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  7. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。