絵をインターネットで公開する際の権利侵害について教えて下さい。

公開日: 相談日:2021年05月26日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
趣味で絵を描いています。最近モノの擬人化をしているのですが、これらをインターネットで公開する際に著作権(意匠権?でしょうか)侵害等にならないか知りたいです。一般名詞(例えば車)は問題ないと思うのですが、特定の製品(特定の車種など)の場合がわからないです。また、芸能人の方の似顔絵を描いた場合の肖像権についてもわかりません。ちなみに、絵については完全に趣味の範疇であり、絵の販売や依頼を受ける等お金を受け取ることは考えておりません。

【質問1】
特定の製品を擬人化しインターネット等で公開した際の権利侵害について教えてください。

【質問2】
芸能人の方など個人の似顔絵を描いてインターネットに公開することはその方の肖像権侵害になりませんか。

1030028さんの相談

回答タイムライン

  • 大木 怜於奈 弁護士

    注力分野
    企業法務・顧問弁護士
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    特定の製品を擬人化しインターネット等で公開した際の権利侵害について教えてください。
    モノの擬人化をしているのですが、これらをインターネットで公開する際に著作権(意匠権?でしょうか)侵害等にならないか
    ⇒「著作物」とは「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」であるところ(著作権法第2条第1項第1号)、特定の製品自体は、著作物には当たらないと判断されます。
    また、「意匠」とは、「物品(物品の部分を含む。以下同じ。)の形状、模様若しくは色彩若しくはこれらの結合(以下「形状等」という。)、建築物(建築物の部分を含む。以下同じ。)の形状等又は画像(機器の操作の用に供されるもの又は機器がその機能を発揮した結果として表示されるものに限り、画像の部分を含む。次条第二項、第三十七条第二項、第三十八条第七号及び第八号、第四十四条の三第二項第六号並びに第五十五条第二項第六号を除き、以下同じ。)であつて、視覚を通じて美感を起こさせるもの」であるところ(意匠法第2条第1項)、特定製品の擬人化が直ちに意匠権の侵害とはならないかと存じます。

    【質問2】
    芸能人の方など個人の似顔絵を描いてインターネットに公開することはその方の肖像権侵害になりませんか。
    ⇒その顔を模写した肖像画であれば肖像権侵害となる可能性が高いと存じます。
    他方、似顔絵であれば、顔の模写ではないので肖像権侵害には直ちにはならないかと存じます。

    ご参考になれば幸いです。

この投稿は、2021年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました