【著作権】文学賞の応募原稿に他の著作者のイラストを添付することは違法となるのでしょうか?

 私はある文学賞に自筆の原稿の「引用」として他の著作者が自らネット上に掲載されているイラスト数点を原稿内に挿入して応募しました。
 評価は「他者の著作物を無断に印刷して応募原稿に添付するとはいったいどういう了見か。二度としないでください」でした。
 その文学賞は応募された原稿を一人の担当者が読み論評する形式をとっております。
 このケースの想定でのご回答お願いします。

①私的使用のための複製(著作権法第30条)

 当該における「家庭内その他これに準ずる限られた範囲内」という私的利用に関して問題がなければ、以下これ以上は抗弁する必要はないと思うのですが、これは難しいのではないかというのが調べた限りでの個人的な見解です。
 一対一の関係とはいえ、送付していることや友人などへも私的な複製を見せることが厳密には法に触れる可能性があるといった回答もあったからです。
 ただ日常的にはパソコンやスマホの壁紙、印刷した複製を家屋に飾ることなどに限っても複数人の他者の目に触れる人数でいえばこちらのケースの方が多いとは思います。

②引用(著作権法第32条)

 この筋が一番適法であるというのが私の見解です。
1「分量的にも質的にも、オリジナルのコンテンツが主であり、引用されているコンテンツが従であること」
 当該の原稿における他者のイラストは分量的にもページ数として30分の1程ですし、小説ですので主は文章の方であるからです。

2「引用の必要があること」
 批評に比べるとその必然性は弱いのではないか?の疑義に関してはすべての引用に可能で私の原稿はそのテーマに直結する構造的な必然性があるとしかいえません。

3「著作物間が明確に区別されていること」
 後記に明記しおります。

4「引用元が明記されていること」
 3と同様です。

5「修正を加えていないこと」
 しておりません。

③営利を目的としない上演等(著作権法第38条)
④美術の著作物等の譲渡等の申出に伴う複製等(著作権法第47条の2)
⑤翻訳、翻案等による利用(著作権法第47条の6)
もあるかと思います。

 法的に以上の①②③④⑤のどれか1点においてでも著作権法の「定められた条件で自由利用」から当事例は、違法にあたらない、当たらない可能性はある、全て無効であり明確に違法に当たる、かどうかのご見解をよろしくお願い致します。
2019年11月13日 03時40分

みんなの回答

相談者
 今回私は以上の個人的な法的見解から著作権法をクリアしていると判断して応募しました。

 以上の観点の専門の弁護士としての見解はどうなりますでしょうか?

 ②の2に関しては美術や漫画批評などの図版の引用の必要性が高いもの以外でも、実際に広く刊行されている小説においても別著作者の絵画の作品全体を1ページ使用し掲載しているものは過去にあります。

 ネット上にアップされているわけでもなく、実際に世に出る前の文学賞の原稿というあまり多くない事例かとは思いますが、個人の信条やその他団体の明示されていない暗黙の規約、慣例、禁止事項を想定してではなくあくまでも法的に問題となるかをお伺いしたいと思います。

(純粋に法的に、とお願いはしましたが、他の文学賞の中にはここ数年でも過去に、自社の他の著作者の2次創作作品を受賞作とし、後にオリジナルの著作者に許諾を取って刊行された事例。また、ネットにアップされていた実在する人物をモデルにした2次創作作品が送られ、高く評価されたケースもありますが、こちらは法的な問題から出版が断念されたという事例もあります。)

それではよろしくお願い致します。


 

2019年11月13日 04時02分

松尾 裕介
松尾 裕介 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう
「引用」は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われる必要があります(著作権法32条1項)。

詳細は内容を確認しないと何とも言い難いですが、法的にみて適法な「引用」に該当するかについて、検証する必要があると考えられます。

刊行されている他の作品については、著作権の許諾の有無、適法性も不明ですので、他者が利用しているということは理由にはならないと考えられます。

2019年11月13日 15時13分

相談者
 ご回答いただきありがとうございます。お手数ですが以下の3点からいくつかの疑問点にお教えいただければと存じます。

(1)今事例は①の「家庭内その他これに準ずる限られた範囲内」は完全に認められないということでよろしでしょうか?また、③④⑤のいずれかも全く該当しないと考えて宜しいのでしょうか?
 つまり②の「引用」で抗弁するしかないということでしょうか?あるいは②が他と比べて最も適法性の可能性が高いということでしょうか?

(2)②の「詳細の内容の検証」は司法が判断するしかないと考えますが、今回の事例を司法以外がそれを判断したとしてそれを争点とした場合、具体的なアクションはどういった方法がありますでしょうか?
 まずは弁護士の方に内容証明をお願いしたいと考えているのですが、それで良いのでしょうか?また、それへの返信がなくまた適切な対応がない場合にこれを更に弁護士の方にお願いすることは可能なのでしょうか?
 費用対効果は全く考慮する必要はないとします。

(3)話し合いが可能となり、それによって解決されればそれが一番なのですが、もし提訴となった場合、今事例は不当提訴や濫訴となりうるのでしょうか?
 また、司法判断となれば「『引用』は、公正な慣行に合致するものであり」という法文を鑑みれば、出版界の過去の事例、二次創作は許諾を得ていない段階では違法であること、存命で実在する人物をモデルにした作品のプライバシー侵害、名誉毀損、パブリシティ権侵害の応募原稿を問題としなかったことと今事例との齟齬は、当然参考になって判断されると考えて宜しいでしょうか?

 今回一番知りたいのは(2)の「本来ならば司法の決定をもって慎重に判断するべき事例であるのにそれをなさなかったのであればそれを法的に追及できるか否か」です。また、「弁護士の方に何らかの方法でお願いできるか手段があるか否か」となります。

 恐縮ですがご回答いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

2019年11月14日 02時38分

この投稿は、2019年11月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,014名の弁護士から、「知的財産・特許に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 『百人一首』をテーマとした製品について(商標・著作権)

    百人一首の読みをテーマにデザインした衣類を販売したいと考えています。 著作権や商標に関し、先生方にご教授いただきたく、質問させていただきました。 ・百人一首は、商標や著作権はあるのでしょうか? ・上記該当しない場合に、製品化した商品の商標をとることは可能でしょうか? ・その他、製品化するにあたっての留意点...

  • 著作権切れ映画の翻案について

    著作権について質問です。 映画の著作権が切れても、元の脚本、翻訳された脚本、や音楽や字幕などについては別途著作者に著作権がありますが、 映画を翻案する場合、脚本や音楽、字幕をそのまま使うと著作権の侵害になるでしょうか? 映像や演者だけ変えてドラマや芝居にするという感じです。

  • 出版用原稿の著作権について

    ご教示いただけますと幸いです。 出版用の原稿(小説、絵本なと)について、公開する前、そして公開後も含め、盗作を防止したい(完全な防止は難しいと思いますが)場合の方法についてですが、 ・事前に信頼できる複数の人間に見せておく ・原稿に日付とサインし複数の場所に保管する ・時間証明の出来る場所で原稿と作家を含め...

  • 途中で引き上げられた原稿の著作権

    編集プロダクションをやっています。 版元と齟齬があって、途中で制作している仕事(芸能人本ゴースト)を引き上げられました。 すると、後になってから、版元は仕事を放り出したから違約金を払えと言ってきました。 しかし、放り出したわけではなく、全く別の理由で版元が当方と仕事がしたくなくなったから引き上げただけで、そもそ...

  • 書籍化の依頼があった原稿の自費出版の著作権について

    書籍の執筆依頼があり、原稿を書きました。 まだ正式な契約はしていない段階ですが、出版社の方から、「もう少し詳しく書いたほうが良い」などのアドバイスをいただき、ひとまず原稿を書き上げました。 ここに来て書籍化した原稿を元に、自分で電子書籍化して販売したいのですが、著作権など法律上の問題はあるのでしょうか? ち...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。